【フェンリル】 節を編集

概要 節を編集

 「フェンリル」のサポートを利用する【ジェネシス】

 コストソウルブラストを含むヴァンガード能力を利用してアドバンテージを得る戦法を得意とするのは他の【ジェネシス】と同じだが、《神界獣 フェンリル》《枷の戒め ゲルギャ》等でソウルチャージを行ってソウルを供給しつつ山札の枚数を減らし、《天獄神獣 フェンリル》《盤の戒め ギョウル》等でソウルブラストアドバンテージを稼ぎつつトリガーユニットソウルから積極的にドロップゾーンに送り込み、《ドリーミング・ドラゴン》山札を圧縮、さらに《破壊神獣 ヴァナルガンド》天啓能力デッキトップの操作も行ってドライブチェックでより多くのトリガーユニットが出るように仕向けていくのが主な流れとなる。
 その過程でソウルチャージソウルブラストを多用するため《戦巫女 コトノハ》《神界獣 ハティ》等のパワーを稼ぎやすく、ドライブチェックで上手くトリガーユニットが出なかった場合でもある程度の要求シールド値を見込めるデッキとなっている。

 サポートカードの中に天啓能力を持つカードが含まれていることから【天啓】のギミックも一部流用可能だが、構築によっては【天啓】と同様に、天啓能力効果の一部であるレストによる戦力の低下を補う手段も必要となる。

構築について 節を編集

―キーカード

―超越スキル

―Gガーディアン

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

大まかなタイプ別構築について 節を編集

派生軸 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 まず、《神界獣 フェンリル》ヴァンガードサークルに配置することか前提となるので、それに失敗した場合の損失が大きい。
 《神界獣 スコル》自動能力等を利用して確実に《神界獣 フェンリル》ライドできる様にしておきたい。

 また、山札トリガーユニットによる圧縮を狙う戦略上、山札を積極的に減らしていく戦術をとっていくのでデッキアウトに陥るリスクが高い。
 《ドリーミング・ドラゴン》能力を活用する布石とはいえ、残りの山札の枚数が少ない場合に何らかの手段で《ドリーミング・ドラゴン》を処理されるとそのままデッキアウトを余儀なくされてしまう場合があるので注意したい。
 ただし、【かげろう】《リザードソルジャー ベローグ》《覇天皇竜 アドバンスガード・ドラゴン》等の能力に関してはレストしなければ効果で選ばれないため、戦術次第では退却から免れる事ができるのである程度の対応はできる。

 また、長期戦は得意だがフィニッシュ力はあまり高くない。
 あまり悠長な戦法を行うと、相手ジェネレーションブレイク(8)の制限を持つGユニット等のフィニッシュ力の高いカードであっさり負けてしまう場合も多いので注意したい。

関連リンク 節を編集