神界蛇(しんかいじゃ) ヨルムンガンド/Mythic Snake, Jormungand》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ジェネシス - ノーブル パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):あなたのカードがソウルからドロップゾーンに置かれた時、そのターン中、このユニットのパワー+1000。

 討神魂撃で収録されたグレード2のジェネシス

 ジェネレーションブレイク(1)は、カードソウルからドロップゾーンに置かれた時にパワー+1000を得る自動能力

 序盤は使用できないが、【ジェネシス】等の中盤以降からソウルブラストを多用するデッキであればあまり気にならないだろう。

特に大量のソウルブラストを必要とし、リアガードスタンドを行える《陽光の女神 ヤタガラス》との相性は抜群。
 できる限り自動能力パワー18000以上になったこのカードスタンドするようにしたいところ。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

“ジェネシス”に所属する神族。本来の姿は一国一周に匹敵する体長を誇る大蛇。
他人に関心を持たず、友人もおらず、たった1人である特殊な課に所属している。
故に彼が問題児「フェンリル」の弟であることを知る者はほとんどいない。

“ジェネシス”には、何らかの事情で肉体より剥離してしまった魂を元の肉体に戻すことを生業とする、
「救魂課(サルベイジ)」が存在する。 しかし、帰るべき肉体を失った場合、戻れない事情がある場合、
魂は緩やかに死を迎える以外の結末を失う。

そんな死を待つだけの魂を一つ所に集約し、悪用されないようにその最期を見守る役――それこそ、
“ジェネシス”下層にひっそりと設立された「鎮魂課(レクイエム)」。
「ヨルムンガンド」はそこで唯一人、行き場を失くした魂の管理という名目で、消えゆく魂を眺めているのだという。

  • 「ヨルムンガンド(Jörmungandr)」とは、北欧神話に登場する毒蛇の怪物。その名は「大地の杖」を意味し、別名には「ミッドガルの蛇」を意味する「ミドガルズオルム(Miðgarðsormur)」、「ミズガルズの大蛇」、「世界蛇」などがある。兄妹にはフェンリルヘルがいる。ラグナロクでは雷神トールと戦った。トールは魔鎚ミョルニルを三度叩き付ける事でようやくヨルムンガンドを倒す事ができたが、同時に毒を吹き掛けられた事で結局は相討ちになってしまった。

FAQ 節を編集

  • Q1543 (2015-08-27)
    Q. 複数のカードがソウルが一度にドロップゾーンに置かれた場合、この能力は何回発動しますか?
    A. ドロップゾーンに置かれたカードの枚数分、発動します。

収録情報 節を編集

ブースターパック討神魂撃G-BT04/033 R イラスト/伊藤未生美しき獣は、魂が砕け散る音を愛でる。