天啓(てんけい) 節を編集

概要 節を編集

 天啓能力とそのサポートを利用する【ジェネシス】

 序盤の段階から天啓能力によってデッキトップの操作やソウルの増加を行って体制を整え、中盤からはリアガードパワーを増加を行い、《究明の女神 イシュタル》《春眠の女神 ターロ》能力効果によって行えるバトルフェイズ中のスタンドの決定力を高めていく攻撃的なデッキ

 《究明の女神 イシュタル》《崇高なる美貌 アマルーダ》能力の関係からメインデッキに入れる天啓能力を持たないカードの枚数を抑えておかなければならないため構築上の制限は厳しいが、《究明の女神 イシュタル》超越することが可能となった段階でパワーの増加とスタンドで一気に攻勢に転じることができるため、序盤の段階からソウルの枚数管理に注意を払って《究明の女神 イシュタル》を活かすための下準備を整えておきたい。

構築について 節を編集

天啓能力を持つカード 節を編集

-Gユニット

―グレード3

-グレード2

-グレード1

-トリガーユニット

天啓能力を持たないカード 節を編集

―Gユニット

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

派生軸 節を編集

他のデッキとの比較 節を編集

 基本は他の【ジェネシス】と同じだが、デッキトップの操作やソウルインがやや濃く、天啓能力効果で行うレストで発生する戦力の低下を補う手段はGユニットジェネレーションブレイク能力に依存しやすい。
 また、《究明の女神 イシュタル》《崇高なる美貌 アマルーダ》能力の関係から、メインデッキ天啓能力を持たないカードを入れにくいという構築上の制限が厳しいという特徴もある。

このデッキの弱点 節を編集

 Gユニット能力ジェネレーションブレイク能力に依存する部分が大きいことから速攻に対応しにくく、天啓能力ソウルインを行うとリアガードレストするリスクが弱点となる。

 特に序盤は《戦巫女 コトノハ》《戒めの作り手 ヴァン》等の能力を組み合わせることで補えないことはないものの、リアガードレストは1枚でも重い点に注意したい。

関連リンク 節を編集