《ヒートエレメント メランドル/Heat Element, Merindol》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
クレイエレメンタル - エレメンタル パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] そのターン中、このユニットは【自】(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットしたとき、あなたのリアガードを1枚選び、あなたのGゾーンの表のカード1枚につき、そのターン中、パワー+5000。』を得る。
【永】:このカードはすべての、国家とクランに属する。

 ファイターズコレクション2017で収録されたクレイエレメンタルGユニット

 1ターンに1回、Gゾーンの裏のカード1枚を表にすることで、『アタックヴァンガードヒットした時にリアガード1枚にGゾーンの表のカード1枚につき、パワー+5000を与える自動能力』を得る起動能力を持つ。

 Gゾーンの表のカードの枚数に応じた後続となるユニットパワーの増加を狙えるガード強要が行える。

 ただし、与える能力誘発を狙う上ては、相手ダメージゾーンの少ない6~7ターン目辺りでノーマル超越にしたいところであるが、その時点では効果量は1〜2枚分のパワー+5000~10000程度と考えておきたい。

 どちらかといえば、パワーの増加やガード強要による利点よりも他のリソースを消費せずにGゾーンの好きな裏のカード1枚を表にできる利点が大きいといえる。
 ジェネレーションブレイク(3)等の早期有効化は勿論、《時空竜 クロノスコマンド・レヴォリューション》《覇天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター“戴天”》等のGゾーンの表の特定のカードの存在や枚数を要件効果で要求するが、なんらかの理由でその特定のカード超越するのが望ましくない場合にも重宝する。
 特に《錦虹の聖騎士 クロテニウス》《天空を舞う竜 ルアード》等のように能力にかけられている制限の都合で超越しても能力が使えない場合が考えられるものや、《魔海女帝 メアリード》《常夏の花乙姫 ベラーノ》の様にGゾーンに表の特定のカードがない状態からでは直接的なアドバンテージに繋げられず、コストの消費がやや気になるカードと相性が良い。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3253 (2017-05-02)
    Q. 「このカードはすべての、国家とクランに属する。」は、どの領域でも有効なのですか?
    A. はい、有効です。
  • Q3254 (2017-05-02)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3256 (2017-05-02)
    Q. このユニットのコストで表にしたGゾーンのカードも、効果での枚数参照に数えてよいのですか?
    A. はい、数えます。
  • Q3266 (2017-05-02)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/074 RR イラスト/Hirokorin滾る炎は、際限なく燃え広がる。