常夏(とこなつ)花乙姫(はなおとひめ) ベラーノ/Flower Princess of Perpetual Summer, Verano》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ネオネクタール - バイオロイド パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[【ソウルブラスト】(1),Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする,手札とドロップゾーンから1枚ずつ選び、山札に戻す] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、手札から2枚まで選び、別々の(R)にコールする。あなたのリアガードをGゾーンの表の「常夏の花乙姫 ベラーノ」と同じ枚数選び、山札からそのユニットと同名のカードをそれぞれ1枚まで探し、別々の(R)にコールし、山札をシャッフルし、そのターン中、この効果で山札からコールされたユニットに『ブースト』を与える。

 ファイターズコレクション2016で収録されたネオネクタールGユニット

 ヴァンガードサークル登場した時にソウルブラスト(1)とGゾーンの裏のカード1枚を表にすることと手札ドロップゾーンから1枚ずつを山札に戻すことで、手札から2枚までをスペリオルコールし、山札からGゾーンの表の《常夏の花乙姫 ベラーノ》と同じ枚数のリアガード同名のカードをそれぞれ1枚までスペリオルコールし、この効果山札からコールされたユニットに『ブースト』を与える自動能力を持つ。

 コストソウルブラストソウルにあるカードドロップゾーンに置く目的でも使用できる。
 コスト山札に戻すカード同名のカードを参照する能力と合わせて使用したいカードを戻すのも良いが、トリガーユニット山札に戻す事もできるので状況に応じて使い分けたい。

 ヴァンガードサークル登場した時の能力であるが故に扱いにくい部分もあるが、山札からスペリオルコールしたいカード同名のカードを予め手札リアガードサークルのどちらかに確保しておけばよいので多少は融通しやすい。

 1枚分の効果では1:1交換にしかならないが、同名のカードに関連する能力と組み合わせれば、十分なアドバンテージとなる。

 2枚分以上の効果であれば複数枚をスペリオルコールできるようになるので、1枚分のアドバンテージを稼げるようになる。
 最大の3枚分の効果なら、ユニットの重複処理も加味して2:3交換の効率で3枚をスペリオルコールすることも現実的な範囲になる。

 山札からスペリオルコールされたリアガードブーストを得るので、ブーストを持たないグレード2以上のユニットリアガードサークルに3枚以上置かれる事になっても無駄にならない。
 そのリアガード前列インターセプトを持つリアガード等を配置し、処理しておけばブーストを失ったリアガードが2ターン後に邪魔となることはないだろう。

 最大で5枚をスペリオルコール可能である点から開花付きの能力との相性も良い。
 特に《矢車菊の花乙女 イーネス》と併用すれば、単に高パワーブースト役を確保するだけでなく、エンドフェイズ手札開花能力持ちのカードの調達を行いつつ、その後のターンスペリオルコールを行なうためのユニットのいないリアガードサークルの確保が行うコンボに繫がる。
 手札ユニットのいないリアガードサークルの確保よりも要求シールドの増加を優先させたい場合であれば、《グリーンショット・エルフ》を利用することで対応できる。

 《胸焦がすラナンキュラス アーシャ》《ラナンキュラスの花乙女 アーシャ》超越した時の能力より先に解決すれば、手札にあったカード同名のカードをあちらの能力効果で選べるので、弱点である退却への対策となる。

  • 「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」でも引き続き使用。
  • 超越時の台詞は「撃ち放て、未来へ! ストライドジェネレーション! 《常夏の花乙姫 ベラーノ》!」
  • アタック時の台詞は「情熱装填、未来を撃ち抜け!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

はるか過去からやってきた、夏を象徴する乙姫。科学も魔法もまだ拙く、一つの花の因子だけでは新たな生命を生み出せなかった、成功例の少ない世代のバイオロイド。「プリマヴェーラ」の後に生成されており、彼女の時に比べればかなり安定した形で生まれることができたという。現代では、「アーシャ」がプリマヴェーラに続いて「超越」に成功した2人目の存在。厳格なプリマヴェーラとは違い、いい加減で底抜けに明るいため、当初はなぜ同調できたのか、アーシャ自身も皆目見当がつかなかった。が、わかってみれば答えは簡単だった。「べラーノ」もまた、家族を何より大切にしていたのだ。なお、彼女ばかり呼びすぎると、プリマヴェーラが「姉の儂を差し置いて!」と怒るので、日付を決めて交代で呼んでいるのはここだけの秘密である。

FAQ 節を編集

  • Q2066 (2016-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q2067 (2016-04-28)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2071 (2016-04-28)
    Q. このユニットのコストで表にしたGゾーンのカードも、効果での枚数参照に数えてよいのですか?
    A. はい、数えます。
  • Q2072 (2016-04-28)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q2073 (2016-04-28)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q2077 (2016-04-28)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2089 (2016-04-28)
    Q. コストでドロップゾーンに置いたカードも、コストとして山札に戻すカードとして選べますか?
    A. いいえ、選べません。ひとつの[ ]内に書かれたコストは、すべて同時に支払う必要があるため、コストとして支払う予定のカード等で同一[ ]内のコストを支払うことはできません。
  • Q2090 (2016-04-28)
    Q. コストとして山札にカードを戻したあと、能力の条件を満たしておらず、何も起こらない場合でもシャッフルは行ないますか?
    A. はい、行ないます。
  • Q2091 (2016-04-28)
    Q. 「○枚につき、×枚選ぶ」という効果で、同一のカードを複数回選ぶことはできますか?
    A. いいえ、できません。
  • Q2092 (2016-04-28)
    Q. 複数のカード名を持っているカードを選んだ場合、探してくるカードはどうなりますか?
    A. 選んだカードが持っているカード名のうち、いずれか1つと同名であるカードを探してくることができます。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2016G-FC03/008 GR イラスト/lack太陽の恵みに弾ける蕾。そう、彼女が常夏の花乙姫。