胸焦(むねこ)がすラナンキュラス アーシャ/Ranunculus of Searing Heart, Ahsha》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ネオネクタール - バイオロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
開花 - 【自】【(V)】【Gブレイク】(2):このユニットと同名の他のあなたのユニットが(R)に登場した時、【カウンターチャージ】(1)/【ソウルチャージ】(1)。
【自】【(V)】:各ターンの終了時、あなたの手札から1枚選び、(R)にコールしてよい。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードを1枚選び、山札からそのユニットと同名のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルし、そのターン中、この効果でコールされたユニットに『ブースト』を与える。

 トライスリーNEXTで収録されたグレード3のネオネクタール

 ジェネレーションブレイク(2)は、自身と同名ユニットリアガードサークル登場した時にカウンターチャージ(1)/ソウルチャージ(1))する開花自動能力

 少々使えるタイミングが遅めだが、3つ目の能力コスト等で使うリソースの補充が行える。
 同名のカードスペリオルコールすることに長けたデッキであれば、2枚目以降をスペリオルコールすることはそこまで難しくはない。

 ストライドスキルを利用するためにGユニット超越すると一時的に使えなくなるが、2つ目の能力《聖樹竜 レインブレス・ドラゴン》能力手札からスペリオルコールするようにすれば、Gユニット超越との両立可能なので、予め手札リアガードサークルを圧迫しにくい《理想の乙女 トゥーリア》、次点で2枚目以降を用意して誘発を狙うとよいだろう。

 2つ目の能力は、各ターンの終了時に手札から1枚をコールできる自動能力

 1つ目の能力誘発を各ターンで狙ったり、ストライドスキル効果で選ぶリアガードの調達が行える。
 予め《桜吹雪の乙女 リルガ》が置かれている際に別の《桜吹雪の乙女 リルガ》《理想の乙女 トゥーリア》スペリオルコールすれば、あちらをバトルに参加させつつあちらの能力で全て手札に戻す事ができる。

 ストライドスキルは、カウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)で山札からリアガード1枚と同名のカードを1枚までスペリオルコールし、『ブースト』を与える自動能力

 《ラナンキュラスの花乙女 アーシャ》自動能力と比較してコストは重くなっているものの、スペリオルコールしたユニットに『ブースト』を付与できる。
 基本的にブーストを持たないグレード2以上のカードを同じ縦列に揃えたとしても両方をバトルに参加させられる様になる利点は大きい事もある。

 事前にリアガードが必要となる欠点はあるが、2つ目の能力等を利用すれば手札からスペリオルコールできる様になるので多少は気になりにくい。
 ただし、2つ目の能力誘発タイミングの都合から、このカードライドしたターンはその方法は使えないので、特に6ターン目では注意したい。

  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」では安城トコハが使用するカード
    彼女のファイトではほぼ毎回ライドされている。
  • ライド時の台詞は「新たな未来に咲き誇れ! ライド! 《胸焦がすラナンキュラス アーシャ》!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

一向に戻らない「アンテロ」の身を案じる「アーシャ」。罪悪感に近しい感情に長く浸かっていたためか、彼女の身体の一部ともいえるラナンキュラスの花びらは変異し、その色を鮮やかな赤から橙へと変えていた。大きな心境の変化によって極稀に起こるバイオロイドの分身たる花の異変。それは皮肉にも、アーシャの中に眠る力を引き出す足がかりとなった。彼女は悲しみに押しつぶされるような弱い女性ではない。アンテロの手がかりを探そうと、有志を募り捜索隊を結成。旧交のある各国の友人たちにも連絡を取り、ついには世界規模の捜索を開始する。悲しみに暮れる日々は終わった。大切な家族を必ず見つけ出す――その想いが、さらなる力を引き出す。鮮烈な赤は、戸惑いを示す橙に。そして、迷いを断ち切った橙は、清廉な白に。この先どれほど悲しい未来が待ち受けていようとも、強き想いに支えられた純白の花びらは決して散りはしない。

【“ネオネクタール”と“メガコロニー”の因縁 ―聖樹争奪戦―】
惑星クレイで最も自然に恵まれた大陸「ズー」。現在、この大陸には協力関係にある“ネオネクタール”と“グレートネイチャー”、その2つと敵対する巨大な犯罪結社“メガコロニー”という、3つの大きなクランがある。特に“ネオネクタール”と“メガコロニー”は、過去に起こった大規模な争い以降、常に一触即発の関係が続いているという。戦の発端は、“ネオネクタール”を支える巨大な聖樹にあった。“メガコロニー”は、強大な魔力を秘めた聖樹を奪い、その力を根こそぎ抽出しようと画策していたのである。年単位で続いた永き戦いの末、軍配は“ネオネクタール”に上がり、“メガコロニー”は北方へと追いやられた。しかし、主導者であった結社の首領――通称「女王」は、この時の屈辱を胸に刻み、一時は縮小せざるを得なかった組織を当時と同等かそれ以上の規模まで回復させた。過去の妄執に囚われた女王は、聖樹を我が物にしようと目論み、再び緑の国へと攻め入る機会を窺っているのだという。

FAQ 節を編集

  • Q2895 (2016-12-08)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q2898 (2016-12-08)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2899 (2016-12-08)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2926 (2016-12-08)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q2930 (2016-12-08)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットから超越し、そのターンの終わりに超越したGユニットがGゾーンに戻った後にも、ターン終了時に発動する能力は発動しますか?
    A. はい、発動します。
  • Q2931 (2016-12-08)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q2939 (2016-12-08)
    Q. ライドも登場ですか?双闘する場合や超越、解呪などはどうですか?
    A. ライドは「登場」です。双闘によってレギオンメイトがサークルに置かれるのも、超越によってGゾーンからカードがサークルに置かれるのも「登場」です。ユニットの移動や、ターン終了時にハーツカードがヴァンガードになったりデリートや呪縛されていたカードが表になることは「登場」ではありません。
  • Q2944 (2016-12-08)
    Q. 相手と自分の能力が同時に発動した場合、どう解決すればよいですか?
    A. 同時に自動能力が発動した場合、ターンファイターのものから解決されます。あなたのターンであればあなたの能力から、相手のターンであれば相手の能力から解決されます。
  • Q2953 (2016-12-08)
    Q. 開花とはなんですか?
    A. 開花とは、開花能力を持つユニットと同名の他のリアガードがあなたのリアガードサークルに登場した時に発動する能力です。
  • Q2954 (2016-12-08)
    Q. 開花能力を持つ同名のカードを同時に複数枚コールした場合、それぞれの開花能力が発動しますか?
    A. はい、発動します。
  • Q2956 (2016-12-08)
    Q. 複数のカード名を持っているカードを選んだ場合、探してくるカードはどうなりますか?
    A. 選んだカードが持っているカード名のうち、いずれか1つと同名であるカードを探してくることができます。

収録情報 節を編集

キャラクターブースタートライスリーNEXTG-CHB01/008 RRR イラスト/lack切なき想いを今、明日へ向かう力に変えて。
G-CHB01/S05 SP イラスト/lack(※なし)