魔海女帝(まかいじょてい) メアリード/Demon Sea Queen, Maread》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
グランブルー - ヴァンパイア パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1),Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする,手札から1枚選び、捨てる] ドロップゾーンから、ノーマルユニットを、グレードの合計が4以下になるように、Gゾーンの表の「魔海女帝 メアリード」と同じ枚数まで選び、別々の(R)にコールし、そのターン中、このユニットのパワーを増やす。増やす数値は、この効果でコールされたユニットの元々のパワーの合計である。

 ファイターズコレクション2016で収録されたグランブルーGユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とGゾーンの裏のカード1枚を表にすることと手札1枚のドロップで、ドロップゾーンからノーマルユニットグレードの合計が4以下になるように、Gゾーンの表の《魔海女帝 メアリード》と同じ枚数までスペリオルコールし、この効果コールされたユニット元々のパワーの合計数値分のパワーを得る起動能力を持つ。

 1枚分の効果で利用すると1:1交換にしかならず、2:2交換の効率で2枚をスペリオルコールできる《深淵の海賊王 ブルーハート》効果で消費したソウルの枚数に応じてスペリオルコール枚数を稼げる《嵐を呼ぶ海賊王 ガッシュ》等に見劣りしやすい。
 そのため、1枚分の効果での利用はあえて見送って《ヒートエレメント メランドル》等のコストを利用して2枚分以上から利用を狙うことも考慮したい。

 2枚分以上の効果であれば、1:2〜3交換の効率でスペリオルコールが可能となり、アドバンテージを稼げる。
 パワー増加効果効果量もパワー+15000以上を見込めるようになる。

 3枚分の効果では、合計グレード4以下という制限に引っ掛かりやすくなるが、スペリオルコールするノーマルユニット《死せざる死者 グルナッシュ》の適当なグレード0のカードを交えることで対応できる。

 ただし、2枚分以上の効果が狙える状況の場合、《嵐を呼ぶ海賊王 ガッシュ》ならソウルが足りていれば同等以上の枚数をスペリオルコールした上でパワー+3000以上を与えることができるので、ソウルに余裕がない状況でも利用できる点やヴァンガードパワーを爆発的に増やせる点を活かしたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2066 (2016-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q2067 (2016-04-28)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2070 (2016-04-28)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q2071 (2016-04-28)
    Q. このユニットのコストで表にしたGゾーンのカードも、効果での枚数参照に数えてよいのですか?
    A. はい、数えます。
  • Q2072 (2016-04-28)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q2087 (2016-04-28)
    Q. 「元々のパワー」とはなんですか?
    A. 能力などによって増減する前の、カードに書かれているパワーです。
  • Q2088 (2016-04-28)
    Q. コストでドロップゾーンに置いたカードも、コールするカードとして選べますか?
    A. はい、選べます。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2016G-FC03/007 GR イラスト/ひと和男の分際でいきがるんじゃないよ!