【エイゼル】 節を編集

概要 節を編集

 「エイゼル」を中核とした【ゴールドパラディン】

 リミットブレイク及びアルティメットブレイクを主体とした【ゴールドパラディン】であり、同クランの他テーマデッキ同様、ややランダム性の強い軽量コストスペリオルコールによるフィールドアドバンテージの獲得を原動力として戦う。

 最大の特徴としては使い勝手の良い全体解呪能力を得意としている事であり、特に《救国の獅子 グランドエイゼル・シザーズ》コストさえ供給できればほぼ継続的に使用でき、デリートでそれを妨害する【根絶者】等にも《浄罪の獅子王 ミスリルエイゼル》《風炎の獅子 ワンダーエイゼル》で対処てきるため、【メサイア】等の解呪を活かす一部のタイプを除いた【リンクジョーカー】全般の天敵と言える。
 また、前述したように【ゴールドパラディン】特有のフィールドアドバンテージ獲得性能の高さから退却等のデッキ等にも耐性が高く、妨害系のデッキに対して優位に立ちやすい。

 攻撃性能としてはリミットブレイク系主体であるため、《双聖獣 ホワイトライオン》《解放者 ブライト・バイコーン》等のサポートを加えることで5ターン目から相手にほとんど依存することなく動ける速攻性に加え、ヴァンガードパワー出力が高く、リアガードパワーを補助する能力も備わっており、十分なものと言える。
 一方で他の【ゴールドパラディン】よりもスペリオルコールのランダム性が特に強めである事と、バトルフェイズ中のスペリオルコールを行う能力との相性が特別良いわけでもないので、使い勝手としてはやや大味に感じるかもしれない。

 デッキ構築に関しては誘発条件要件で「エイゼル」のヴァンガードを要求される程度であり自由度そのものは高いが、一部の関連カードは再ライドを要求したりその行為をサポートするような能力を持っているため、Gユニット超越と戦術の両立が厳しくなる場合がある事は留意しておきたい。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

大まかなタイプ別構築について 節を編集

このデッキの弱点 節を編集

 《浄罪の獅子王 ミスリルエイゼル》《灼熱の獅子 ブロンドエイゼル》起動能力によって得るパワーは脅威だが、あくまでデッキトップからのスペリオルコールである。
 そのため、トリガーユニットスペリオルコールされた場合は、山札トリガーユニットの枚数が減ってしまう上にそれほどパワーも上がらない。

 また《灼熱の獅子 ブロンドエイゼル》ライドした状態で相手ターンを返すとパワー10000なので、やや防御面で不安も残りやすい。
 5〜6ターン目でアルティメットブレイク持ちの「エイゼル」のカードノーマルライドしてしまった場合、能力の取り回しが悪くなるばかりか、5ターン目だとGユニット超越して誤魔化すことすら困難な状況に陥ってしまう。
 《灼熱の獅子 ブロンドエイゼル》より間違いなくパワーラインが劣ってしまうので、Gユニット超越できずとも《風炎の獅子 ワンダーエイゼル》リミットブレイク持ちの「エイゼル」のカードライドして補うようにしたいところ。

 【エイゼル】共通の難点として、展開力が若干低めで安定性がない事が上げられる。
 そのため、他の【ゴールドパラディン】と比較すると退却等による妨害に弱く、【かげろう】【なるかみ】等の退却が得意なデッキ相手にするとリカバリーが効きにくい。
 サポートカードにも多少の癖があり、性質上狙い撃ちされやすいのも弱点となる。

関連リンク 節を編集