月影(つきかげ)白兎(はくと) ペリノア】 節を編集

概要 節を編集

 《月影の白兎 ペリノア》を主軸に据えた【ゴールドパラディン】

 ゴールドパラディンらしいコストの軽いスペリオルコール能力《月影の白兎 ペリノア》山札からリアガードサークル登場した時におけるヴァンガードサークルへの移動能力を利用した、ヴァンガードの疑似スタンドを目的としたデッキ
 序盤から積極的にスペリオルコールするため速攻性能が高いのが特徴。

 最大限に活かすためにバトルフェイズ中にスペリオルコールしたいカードなので、そのためのカードを多く採用する必要がある。

 ただし、スペリオルコールに少なからず運が絡むことと、序盤に利用が狙えるスペリオルコールの手段は誘発条件に『アタックヴァンガードヒットした時』が含まれ、コストでもカウンターブラストを使用するものが多めとなっている。
 そのためどのカード能力を使用を狙うか、その誘発を望むことができるかの状況判断能力が問われるデッキといえる。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 どのスペリオルコール誘発する能力も、《ブラックメイン・ウィッチ》《ルーンバウ》以外はまずはアタックヴァンガードヒットする必要があり、相手に依存しているのが最大の弱点。

 誘発に成功したとしても狙い通りのカードが出るかどうかは完全にランダムである為、安定性という点でも見込みはない。

 また、スペリオルコールの起点となっているユニットを狙われても苦しく、その手段を失ってしまうとデッキの戦術が根本から瓦解する。

関連リンク 節を編集