()(なお) 節を編集

 ゲーム開始前に必要のない手札山札に戻し、新たに引く行為のこと。
 俗称の「マリガン」と呼ばれることが多い。

総合ルール 節を編集

  • 5.2.ゲーム前の準備
    • 5.2.2.3.各ファイターは、自身の山札からカードを5枚引き、それを最初の手札とします。その後 、先攻ファイターから順に各ファイターともに1度ずつ、自身の手札から任意の枚数のカードを山札に戻しシャッフルをしてから、戻した枚数に等しい枚数のカードを引きます。1枚も戻さなかった場合にはシャッフルをする必要はありません。

マリガン 節を編集

 カードゲーム「Magic:the Gathering」のルール用語。
 様々な方式があり、基本は「初めの手札を全て戻し1枚少ない枚数のカードを引く」処理を行う。

 このゲームの引き直しは「任意の枚数のカードを山札に戻し、その山札をシャッフルし、戻した枚数だけカードを引く」という「パリ式マリガン」と呼ばれる方式に当たる。
 ただしマリガンは本来何回でもできるルールであり1回しか行えない引き直しとは大きく異なる。

  • この由来を知らずにこの用語を使用するファイターも多数いるため、この用語だけが一人歩きしている節がある。

ファイトにおいて 節を編集

 「カードファイト!! ヴァンガード」における引き直しの考え方の基本として

 手札グレード1からグレード3までのカードをそれぞれ1枚以上になるように揃える、'山札に'トリガーユニットを戻す''

 というものがある。

 前者はライドをスムーズに行うため、後者はドライブチェックダメージチェックにてトリガーユニットが出る確率を高めるためのコツとされる。

 トリガーユニットは全てグレード0なので、どちらかを行おうとすると必然的に両方行う形になる。

  • 一応、後攻ファイターは先攻ファイターの「引き直した枚数」という情報アドバンテージを得た後に引き直すことができる。本当に僅かな優位だが。
  • 雑誌「GAME JAPAN」6月号におけるカードファイト!!ヴァンガード開発チームへのインタビューにて「ゲーム開始時の手札の入れ替えを取り入れた件については?」
    という質問に対して「プレイヤーは知恵比べをしたいんであって、どうでもいいところのストレスはゲームとしてできるだけ軽減してあげたほうが楽しめるだろう、ということですね。」との返答がされていた。
  • アニメにおいても、時々描写されることがある。初めて登場したのは第5話で、このルールの存在自体を知らなかった先導アイチに対して葛木カムイが基本的なカード選択も含めて説明した。この言葉が初めて使われたのもこのシーン。

関連リンク 節を編集