黒鎖(こくさ)進撃(しんげき) カエダン/Advance of the Black Chains, Kahedin》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ゴールドパラディン - ヒューマン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1),他のあなたの《ゴールドパラディン》のリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットが《ゴールドパラディン》を【ブースト】したバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から1枚見て、《ゴールドパラディン》を1枚まで探し、ユニットのいない(R)に【レスト】でコールし、残りのカードを山札の下に置く。

 竜騎激突で収録されたグレード1のゴールドパラディン

 「リアガード1枚を引き換えにする」「レストコールする」など性能は《春風のメッセンジャー》に近く、必要に応じてリアガードを入れ替えるのが主な役割になる。

 しかし、デッキトップから1枚しか見ることができず、《春風のメッセンジャー》より確実性が低い。
 トリガーユニットが出てしまい逆にディスアドバンテージになるケースが少なくないのは辛いところである。

 《春風のメッセンジャー》と違い、ブーストしたバトル中、ヴァンガードヒットした時の能力を持ちながらパワー7000という高パワーブーストができるのも大きな利点だが、ゴールドパラディンパワー7000のグレード1は少なくないので強みとしては今一つ。
 不要なリアガードを生じさせやすいなど、能力を少しでも上手く使っていけるデッキ構築の上で採用したいところである。

 以上を鑑みて不要リアガードが出てくる可能性の大きい【スペクトラル・デューク・ドラゴン】や、スペリオルコールを多用する性質上不要ユニットが出ている可能性があり、また山札からスペリオルコールすることの利点が大きい【月影の白兎 ペリノア】での採用が主となるだろう。
 ただし、不要なリアガードの処理よりも特定のリアガードスペリオルコールに重点を置くのであれば、《請待の解放者 ルッド》の方が望ましい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

魔具「黒の撃鎖」を自在に操る黒馬団の騎士。 「黒の撃鎖」は対象となった人間の魔力を吸収して作動する魔具であり、吸った魔力の総量に応じて鎖剣の分身を作り出して標的を刺し貫く、聖域では二級危険物に指定されている武具である。 幼い頃、周囲に迫害されていた事が理由で他者との交流を頑なに拒むが、同じ黒馬団に属する実兄「ホエル」と団長「ヴォーティマー」にだけはその心を開いている。 黒き鎖がもたらすのは大いなる戦果と僅かな犠牲。 黒馬の騎士は倒れた者に敬意を表し、彼らの犠牲を決して無駄にはしない。

【黒馬団とは】
聖域の護り手である七聖獣を象徴に掲げる“ゴールドパラディン”7つの部隊の一つ。黒馬団は魔具・宝具使いが多く在籍している団であり、団員のほとんどが以前“シャドウパラディン”に属していた者で構成されている。利害が一致している事が理由で“ゴールドパラディン”に組している為、他の団と関わりを持つ事があまり無く、団内の内情には謎が多い。

FAQ 節を編集

  • Q369 (2012-12-07)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか??
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q371 (2012-12-07)
    Q. [ ]のコストは、どちらかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜騎激突BT09/037 R イラスト/DaisukeIzuka黒き鎖は敵を貫き、自軍の道を切り開く。