特別名誉博士(とくべつめいよはくし) 節を編集

概要 節を編集

 「特別名誉博士」のカードとそのサポートカードを中心とした【グレートネイチャー】

 退却ドローを行うターンの終了時の時限誘発を利用したアドバンテージ稼ぎを得意としている。

 退却ドローがセットになっている以上、効果を重複させることでアドバンテージを稼ぐという点で【達成】と共通する部分があり、多くのパーツを共通で使うことができる。

 手札の増強という点においては全デッキタイプの中でも屈指の物があり、また、退却ドローを行う時限誘発の作成を行う能力効果にはパワー増加効果も付随しているものが多く、攻撃力もそれなり以上に高い。
 反面、相手カードに干渉する手段が極端に少なく、絡め手にも物量で対抗する必要がある。
 つまるところ、量とパワーで圧倒するという力押しの戦術を得意としている。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3
《矛盾教官 タスク・マスター》
ターンに1回、ヴァンガードアタックした時にカウンターブラスト(1)でリアガード1枚をスタンドパワー+4000を与え、そのターンの終了時にそのユニット退却させるジェネレーションブレイク(1)を持つ。
単独で使えるので、後列《ゴーホーム・トード》《リーダー・ピッグ》を置きすいといった利点のある5枚目以降の《クレヨン・タイガー》として安定性の向上を期待できるカード
《特別名誉博士 シャソバージュ》手札に自身とは別に「特別名誉博士」のグレード3のカードを温存する必要のあるカードであり、超越スキルコスト要員の水増しをする意味は大きい。

―グレード2

―グレード1

このデッキの弱点 節を編集

 《クレヨン・タイガー》アドバンテージを稼ぐ事に重点を置くと、【かげろう】【ギアクロニクル】等には十全の動きができず、それらは絶対的で直接なアドバンテージを取る手段も豊富なので力負けしやすい。
 【かげろう】については《スリーピー・テイパー》でいくらか対策になる。
 ギアクロニクルについてはバトル回数を稼ぐ手段を《リーダー・ピッグ》等で補えば《クレヨン・タイガー》の機能不全もいくらか補える。
 また手札の枚数の多さの強みを消す《六道忍竜 ツクモラカン》を有する【ぬばたま】も苦手となる。

関連リンク 節を編集