全智竜(ぜんちりゅう) キャスパリーグ/Omniscience Dragon, Cath Palug》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
グレートネイチャー - ワイルドドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのリアガードがヴァンガードにアタックした時、あなたの「特別名誉博士」を含むハーツカードがあるなら、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードを1枚まで選び、そのターン中、パワー+4000し、そのターンの終了時、1枚引き、そのユニットを退却させる。

 ファイターズコレクション2015 winterで収録されたグレートネイチャーGユニット

 リアガードヴァンガードアタックした時に「特別名誉博士」のハーツカードがあるなら、カウンターブラスト(1)で、リアガード1枚までにパワー+4000を与え、そのターンの終了時に1枚ドローし、そのユニット退却させる自動能力を持つ。

 「特別名誉博士」のカードハーツ化が必須となるが、《特別名誉博士 シャノアール》ブレイクライドによって与えられる能力に似た能力を利用することができる。
 そちらと比べると6ターン目から利用できるものの、1回の誘発毎にコストカウンターブラスト(1)を必要とする点で大きく見劣りする。
 複数回の利用を狙うなら《セットスクエア・ペンギン》《ラベル・パンゴリン》等、ダメージゾーンを表にする手段と併用するようにしておきたい。

 コストの消費がさらに嵩むことになるが、《矛盾教官 タスク・マスター》《クレヨン・タイガー》《アンカー・ラビット》等のスタンド手段も併用することでさらに誘発回数を稼げるようになる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

はるか未来。次元の狭間に存在する書庫で思想に耽る、翼を持つ黒猫がいる。
「キャスパリーグ」と名乗る彼女は、元“グレートネイチャー”総合大学の教授だったと言う。
永きに渡る知の追求。その人生の末、彼女に訪れたのは、竜への転生という「伝説」の出来事。
これまで、その知識をもって数々の学生に「夢への道」を指し示してきた彼女に訪れたのは、
自らの「夢」の実現であった。
彼女に与えられた次の課題は、更なる真理の追究、そして次なる転生者を見出すこと。
「久しぶりに、学生に戻った気分」……全智竜となった黒猫は、悪戯な表情で笑った。

  • 「キャスパリーグ(Cath Palug)」は、ウェールズの伝承文学(アーサー王伝説)に登場する怪猫。
    • このカードカード名に用いたのは「竜への転生」を果たしたことからある意味「怪猫」ともいえる事への洒落なのかもしれない。

FAQ 節を編集

  • Q1772 (2015-12-17)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1795 (2015-12-17)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1816 (2015-12-17)
    Q. 「~そのターンの終了時、1枚引き、そのユニットを退却させる。」効果を1枚のユニットが複数個与えられ、ターンの終了時のタイミングが来ました。どうなりますか?
    A. 2つ与えられたとした場合、結果的に2枚引き、そのユニットを退却させます。効果の一部に実行不可能な箇所がある場合、可能な限りの処理が実行されます。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015 winterG-FC02/023 RRR イラスト/山﨑奈苗もふもふは全てを知っている。