【マイスガード】 節を編集

概要 節を編集

 「マイスガード」を中心とした【ジェネシス】

 他の【ジェネシス】では行えない、3枚以上を同時スタンドする能力を持つ《マイスガード プロキオン》を軸に、リアガードサークルに「マイスガード」を並べて戦う事を目標とする。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 フィールドが整っていると全リアガード後列込みでスタンドしてくるので脅威になるが、リミットブレイクを封じるためにダメージゾーンを3枚で抑えられると動きが止まる。
 《映しの神器 ミラー・エンジェル》等、リミットブレイクの補助となるカードを採用していなかった場合、辛いゲーム展開を強いられる。

 よって恒常的にクリティカル増加が可能なデッキダメージゾーンを3枚に調整された上で、その状態からヴァンガードに3ダメージを与えてのフィニッシュを積極的に狙いにこられると厄介。
 また、展開力はお世辞にも高いとは言えず、「マイスガード」のリアガードを削られると《マイスガード プロキオン》スタンド能力は機能しなくなる。
 その間にアタックの量的アドバンテージ差を付けてしまうと効果的なので、リアガードサークルにいる「マイスガード」潰しには十分に注意しておかなければならない。

関連リンク 節を編集