全知(ぜんち)神器(じんぎ) ミネルヴァ/Omniscience Regalia, Minerva》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ジェネシス - ノーブル パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(3),あなたの手札から《ジェネシス》を3枚選び、捨てる] このユニットがアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、このユニットのパワー+5000。そのターン中、この能力は使えなくなる。
【永】【(V)】:あなたのソウルに「叡智の神器 アンジェリカ」があるなら、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 光輝迅雷で収録されたグレード3のジェネシス

 リミットブレイクは、1ターンに1回、アタックしたバトルの終了時にカウンターブラスト(1)とソウルブラスト(3)と手札ジェネシス3枚のドロップで、自身をスタンドし、パワー+5000を得る自動能力

 手札消費はツインドライブ!!を失わない仕様なので3:2交換で1枚分のディスアドバンテージと標準的、カウンターブラストの消費量は少なめだが、ソウルブラストを必要としている。
 【ジェネシス】ソウルの補充手段が豊富なのでそれを工面するのは難しくなく、手札ドライブチェック前に少なくとも1枚以上保持していれば残りはツインドライブ!!で確保できる。

 パワー+5000の存在から、スタンド前にブーストをしておけばドライブチェックトリガーユニットがでなかった場合でも、スタンドする前と後でもパワー16000を維持できる。
 またこの際、《蛙の魔女 メリッサ》ソウルブラストドロップゾーン送りにしてスペリオルコールすれば、スタンドトリガーに頼らずともスタンド前後共ににブーストをつけることも可能である。

 ヴァンガードの再スタンド能力の中でも癖がなく優秀な部類だが、類似能力の常として、スタンド前のドライブチェックでのヒールトリガー回復すると使えなくなることがある欠点はある。
 そこは《映しの神器 ミラー・エンジェル》を併用するとケアできるので併用したい。

 また、《幸運の女神 フォルトナ》同様、ソウルチャージドライブチェック回数の増加の複合によって山札の消費が激しくなる点にも注意が必要。

 《叡智の神器 アンジェリカ》クロスブレイクライドすることが可能であり、パワー手札を得て自動能力をより強力に、かつ使いやすくすることが可能だが、ソウルブラストコスト競合が懸念される。
 しかも1枚以上の余裕を持っておかないと、肝心の《叡智の神器 アンジェリカ》コストソウルからドロップゾーン送りにしてしまう羽目になる。

 クロスブレイクライドを狙う前に《林檎の魔女 シードル》等で《葡萄の魔女 グラッパ》または《オレンジの魔女 バレンシア》ソウルインし、コストで[ソウルから[ドロップゾーンに置かれた《葡萄の魔女 グラッパ》または《オレンジの魔女 バレンシア》能力で再補充等というコンボを狙えればそのリスクを軽減できる。

 またクロスライド要件となる《叡智の神器 アンジェリカ》と同じく「神器」のカードであるため、クロスブレイクライドした後も《樹木の女神 ユピテール》《林檎の魔女 シードル》といったサポートカードを引き続き活用できるのも利点である。

 その中でも《運命の神器 ノルン》《オーダイン・オウル》等は、自動能力によってバトルフェイズ中にスタンドすることが可能なこのカードパワーを与えることでその利点より活かせるようになるため、パワーライン上昇において大きな効果を発揮する。

 ノーマルライドによるクロスライドに失敗した場合でも、《真昼の神器 ヘメラ》《林檎の魔女 シードル》等で《叡智の神器 アンジェリカ》ソウルインすることによってクロスライドの有効化を狙うことができる。
 もちろん、ソウルチャージで偶然ソウルに置かれる可能性も多少は期待できる。

  • アニメでは第152話(VS三和タイシ〈2回目〉)、第165話(VS櫂トシキ〈2回目〉)で戸倉ミサキが使用。
    • 第152話では《叡智の神器 アンジェリカ》からクロスブレイクライドし、更に《オーダイン・オウル》パワー+10000を与えられ、合計パワー33000となって自動能力によるスタンドを利用して2回のアタックを仕掛け、どちらもガードされたものの最終的に勝利へ導いた。
    • 第165話では直接ライドし、クリティカルトリガーを得つつ自動能力スタンドし、櫂をあと一歩というところまで追い詰めている。
    • 第152話でのクロスブレイクライド時の台詞は「叡智の神器の呼びかけに応じ、降臨せし女神よ! 先を見通す知力の刃で、もつれ乱れた運命の糸を切り解け! ブレイクライド! 《全知の神器 ミネルヴァ》!」
    • 第165話でのライド時の台詞は「叡智の神器の呼びかけに応じ、降臨せし女神よ! 先を見通す知力の刃で、もつれ乱れた運命の糸を切り解け! 《全知の神器 ミネルヴァ》にライド!」
    • リミットブレイク使用時の台詞は「アタックが終了した時こそ、ミネルヴァの真価は発揮される。 知力は剣よりも強し! 神の知識よ、ここに結集せよ! 我を導け、リミットブレイク!」
    • 「リンクジョーカー編」の第3オープニング映像ではミサキのユニットとして描かれている。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

クレイを創り出したとされる創世神の一柱。 後に原初の戦神と称される程強い力を持っていたと記されている。 クレイ誕生の際には他の誰よりも愛情を注ぎ、未来永劫この星の行く末を見守るつもりでいたが、ある時、自身の存在がクレイに負荷をかけているという事実を知ってしまう。 それでもなおこの星に留まりたいと願った彼女は、その力、魂、体それぞれに厳重な枷を加えた上で、神像の中に自身を封印したのである。 長き時を経て、眠り続ける彼女の眼に一筋の光がさした。 光は徐々に強さを増していき、それが視界全てを覆った時、彼女は再び己の足で地を踏みしめていた。 傍らで静かに寝息をたてるのは、かつて彼女の所有物であった神器「創世機(グローリー・ジェネシス)」が選んだ新たな主。 万感の思いを胸に、戦神は現世に舞い戻る。 愛おしい子等に仇なす愚物を、根絶やしにする為に。

  • モチーフはローマ神話のオリンポス十二神の「ミネルウァ(Minerva)」だろう。和服を着た巫女という似合わない外見ではあるが、イラストでは彼女のシンボルであるフクロウも従えている。

FAQ 節を編集

  • Q711 (2013-12-11)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q715 (2013-12-11)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック光輝迅雷BT14/005 RRR イラスト/Tony全を知る……それが彼女の力であり重責だ。
BT14/S05 SP イラスト/Tonyジェネシスは、ついに「全知」の解放を決定した。