天空(てんくう)女神(めがみ) ディオネ/Goddess of the Firmament, Dione》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ジェネシス - ノーブル パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[【ソウルブラスト】(3)] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札の上から3枚見て、1枚探し、手札に加え、残りのカードをソウルに置く。

 討神魂撃で収録されたジェネシスGユニット

 ヴァンガードヒットした時にデッキトップ3枚から1枚を手札に加え、残りのカードソウルに置く自動能力を持つ。

 ソウル3枚を消費して、手札1枚とソウル2枚を補充するので実質的にはソウルブラスト(1)で1枚ドローする能力として扱える。

 コスト効率の良さもさることながら、カードアドバンテージを稼ぐと同時に《烏の魔女 カモミール》《オレンジの魔女 バレンシア》《フライング・ケリー》等のソウルに置いておきたいカードを狙ってソウルに置く手段としても利用できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

人の住まう世界とは違う、高次の次元「神界」に座する天空の女神。
神界の主たる全能神と縁がある純神族で、「アマテラス」ら同様、神族の中でも特に高位の存在。

高位神族の名に恥じず、太陽や大海を総べる神々に勝るとも劣らない力を持つというが、
その強さと比例するほど広く優しい心を持つ為、秘めたる力を振るった事はただの一度も無い。

故に、創世神・戦神をはじめとする多様な神が、様々な理由で地上へ降り来たクレイの歴史において、
いまだ一度も地上に降臨した事の無い稀有な女神でもある。

“ジェネシス”内部における離反騒動の折、「竈の女神 ヘスティア」の超越に応じ、初めて力を振るったとされ、
以降も彼女の求めに応える形で聖域守護の一旦を担っている。

  • 「ディオネ(古希: Διώνη, Diōnē)」は、ギリシア神話に登場する女神である。主に、ティーターン神族の1柱とアトラースの娘の2柱が知られている。ディオネという名前は明らかに印欧語に由来し、ゼウスの女性形であるため、古くは天空の女神であったと推測される。

FAQ 節を編集

  • Q1486 (2015-08-27)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。

収録情報 節を編集

ブースターパック討神魂撃G-BT04/032 R イラスト/碧風羽小さな選択の積み重ね。それが未来。