【アンバー・ドラゴン “(イクリプス)”】 節を編集

概要 節を編集

 強力な能力を持つ《アンバー・ドラゴン “蝕”》をメインとした【かげろう】

 能力が成功すれば、一気に相手リアガードを2枚退却させられるため非常に強力。

 自動能力を得た《アンバー・ドラゴン “蝕”》アタックをどう通すか、もしくはそのガード強要性をどう生かすかが構築のカギ。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 《アンバー・ドラゴン “蝕”》起動能力を最速で使用し、序盤からガード強要を行い手札を削らないといけない為、カウンターブラストコストに自由度が少ない。

 また、リアガード退却によってガード強要をする為、リアガードに依存しないデッキだと効力が薄くなる。

 更にガード強要をするカードであるにも関わらず、ヴァンガードパワーが平均止まりなのも辛い。
 早期のタイミングでブーストパワー+10000を与えることができるのがクセの強い《リザードソルジャー ラオピア》ぐらいしかないのも厳しい。

 クロスライド等、パワーラインのクリアが難しい相手では苦戦は必至だろう。

関連リンク 節を編集