《アンバー・ドラゴン “(イクリプス)”/Amber Dragon, Eclipse》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
かげろう - フレイムドラゴン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)】:あなたのソウルに「アンバー・ドラゴン “黄昏”」があるなら、このユニットのパワー+1000。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2)] そのターン中、このユニットは『【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手のリアガードを2枚まで選び、退却させる。』を得る。

 虚影神蝕で収録されたグレード3のかげろう

 2つ目の能力は、『アタックヴァンガードヒットした時、相手リアガードを2枚まで退却させる自動能力』を得る起動能力

 退却させるリアガードに制限もなく、カウンターブラスト(2)で2枚ものリアガード退却させるのは強力である。
 ただし、起動能力であるためメインフェイズ中にしか発動できず、アタックが防がれた場合はカウンターブラストの無駄となってしまう。
 相手手札が少ない時を狙うか、もしくは最初からガードを強要して相手手札を削る事を目的として使うことになるだろう。

 ガードさせるにせよアタックヴァンガードヒットさせるにせよ少しでもパワーラインを高くしたいところだが、自身に有力な強化手段がないため、パワー21000ラインの確保は難しい。
 適当なブースト役を確保しつつ、《グレイプショット・ワイバーン》等で補強してやる必要がある。

 また、Gユニット超越できる状況であれば、《炎帝龍王 イレジスト・ドラゴン》《覇天皇竜 ボーテックス・デザイア》を利用した方が効率的な退却狙いのガード強要が行えるので、5ターン目からでも利用できる点や《ドーントレスドライブ・ドラゴン》とのコンボ性を活かしたい。

 このカード《ドーントレスドライブ・ドラゴン》ブレイクライドすれば、パワー+10000を得ると共にスタンド能力得ることで、能力誘発の機会を2回作ることができ、非常に強力である。
 ただし、このカードは本来序盤からガードを強要していく方が効力が大きく、このカードライドするタイミングが遅くなるブレイクライドを行うのは噛み合わない面もある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

ありとあらゆる可能性から“暁”が選び出した進化の終着点。
過去に辛酸を舐めさせられた事への復讐なのか、自らを“蝕”と称し、執拗に光の戦士たちを狙い続ける。
対峙した相手は、侵蝕の炎「エターナル・イクリプス」の前に全て消し炭となり、
存在した痕跡すら残すことはできないだろう。

FAQ 節を編集

  • Q65 (2011-12-03)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q123 (2011-10-31)
    Q. 同じターンで、このユニットの起動能力を2回使いました。このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手のリアガードを4枚退却させる事はできますか?
    A. はい、リアガードを4体まで退却できます。コストを2回支払った場合、『【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手のリアガードを2枚まで選び、退却させる。』という能力を2つ持つからです。

収録情報 節を編集

ブースターパック虚影神蝕BT04/006 RRR イラスト/NINNIN消え失せろ、全ての光よ。 エターナル・イクリプス!
BT04/S06 SP イラスト/NINNIN光は闇に呑まれる物。 蝕め、エターナル・イクリプス!