臥竜(がりゅう) ストライケン/Prowling Dragon, Striken》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
かげろう - ウイングドラゴン パワー10000 / シールド5000 / ☆1
【永】【(V)】:拘束(このユニットはアタックできない。)
【自】【(V)】:このユニットがアタックされた時、そのバトルで【ブースト】したユニットがいないなら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000。
【自】:他の《かげろう》がこのユニットにライドした時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+5000/クリティカル+1。

 コミックスタイルvol.1で収録されたグレード2のかげろう

 ヴァンガードサークル限定であるものの、拘束持ちだがそれを失う能力がない。
 ヴァンガードサークル上では必然的にアタック不可能となり、アタック1回分とドライブチェック1回とそれにより増える手札1枚のディスアドバンテージを負うということになる。
 2つ目能力ダメージの軽減あるいはブースト要員のコールを誘うことができ、また3つ目の能力ヴァンガードパワークリティカル増加を行える。

 効果でのアドバンテージに加えて、アタックしないことで直後のターンでの相手カウンターブラスト使用やヒールトリガーによる回復を抑制できるため、状況次第で変動はするがディスアドバンテージは十分に相殺できる。

 しかし、万が一手札グレード3のカードがない状態でこのカードライドを強いられると非常に危険である。
 ドライブチェックできない分だけライド事故率が高くなり、ライドできなかった場合のディスアドバンテージも通常より遥かに大きい。

 順当にライドできても十分なアドバンテージになるとは限らず、更にリスクも踏まえると扱いは難しいと言わざるを得ない。
 とはいえ、このカードライドしたターン中に《クルーエル・ドラゴン》《魔竜戦鬼 ヤクシャ》等の能力スペリオルライドを行えば、ノーリスクでパワー+5000/クリティカル+1の恩恵のみを受けられる。

 《ドラゴニック・オーバーロード “The Яe-birth”》は、パワークリティカルを増加させたままスタンドすることができるので、リミットブレイクの問題さえ解決できれば相性が良い。

 リアガードサークル上では《ドラゴンナイト ネハーレン》等と同じパワー10000のバニラとして運用できるのも特徴である。
 ヴァンガードサークルで有効となるの各能力をどう評価するかに大きく左右されるが、パワー10000のバニラの代わりに採用するという手もある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • 「臥(ガ,ふす,ふしど)」には「伏せる・うつ伏せに寝る」という意味がある。目的を達するため苦労を重ねるという意の熟語「臥薪嘗胆」に用いられているのもこの字である。
    • 「臥竜」は、中国・三国時代の人物、諸葛亮を喩えた言葉として知られる。

FAQ 節を編集

  • Q704 (2013-11-21)
    Q. 相手のヴァンガードの「狼牙の解放者 ガルモール」がヴァンガードであるこのユニットにアタックしました。能力で自身の後列にあるブーストしたユニットを山札の下に置いた時、このユニットのパワーはどうなりますか?
    A. パワー+5000されます。『アタックした時』『アタックされた時』の能力は同時に誘発しますが、アタックした側の能力から先に解決を行うため、『アタックされた時』の効果解決時にはブーストしたユニットがいないためです。
  • Q705 (2013-11-21)
    Q. 相手のヴァンガードの「ベルベットボイス レインディア」がヴァンガードであるこのユニットにアタックしました。能力で自身の後列にあるブーストしたユニットを手札に戻した時、このユニットのパワーはどうなりますか?
    A. パワー+5000されません。ブーストしたユニットが手札に戻るのはドライブステップなので、『アタックされた時』の効果解決時にはブーストしたユニットが存在するため、パワーは上昇しません。

収録情報 節を編集

エクストラブースターコミックスタイルvol.1EB01/034 C デザイン:伊藤彰 イラスト:コガラツ臥竜は静かに待ち続ける。天に舞い上がるその時を。
エクストラブースター創世の竜神EB09/020 C デザイン:伊藤彰 イラスト:コガラツそは、静寂の中に伏せたる竜。