魔竜戦鬼(まりゅうせんき) ヤクシャ/Demonic Dragon Berserker, Yaksha》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
かげろう - ドラゴンマン パワー9000 / シールドなし / ☆1
【自】【手札】:あなたのメインフェイズ中、相手のリアガードがドロップゾーンに置かれた時、あなたのグレード2のヴァンガードがいるなら、このカードを公開してよい。公開したら、このカードをライドする。

 帝国の暴竜で収録されたグレード3のかげろう

 上手く行けば、3〜4ターン目でグレード3のこのカードライドすることができる。

 カウンターブラスト(2)を要するがアドバンテージを取りやすい《バーサーク・ドラゴン》カウンターブラスト(1)で使える《魔竜導師 キンナラ》《ガトリングクロー・ドラゴン》などを誘発源として使っていくことになるだろう。

 しかし、上手く行っても、またコールしてもパワー9000のバニラであり、攻守共に極めて非力なのが致命的である。
 グレード2のヴァンガードより優れていると言えるのはツインドライブ!!を持つ点だけである。
 そのままヴァンガードとして使うのであればドライブチェック1回分のアドバンテージになるものの、その後再ライドなしで戦うのは無謀と言う他なく、実質的にテンポ面でのアドバンテージがあるかどうかという程度の効果しかない。

 一応、《臥竜 ストライケン》スペリオルライドすることで拘束を回避してかげろうライドした時能力の恩恵のみを享受できる点は利点となるが、それを差し引いても非力さは否めない。

 また、通常より早くグレード3をライドできるカード全般に言えることだが、シークメイトノーマル超越の存在を考慮すると、4ターン目で能力を使用すると次のターンでこちらもGガーディアンを利用可能になるとはいえ相手を有利にしてしまう可能性が生じてしまうも辛い部分である。

 また、似たようなスペリオルライド能力を持つ《クルーエル・ドラゴン》の存在から、こちらを採用するならスペリオルライドしたターンでも単独でパワー9000までのユニットヒットが狙える点と盟主を持たない利点を活かしたい。

  • 3DS版「ライド トゥ ビクトリー」ではニンジャマスターMが、ぬばたまが単独で構築できないためか、このカードを使用する事がある。
    • ニンジャマスターMのライド時の台詞は「拙者の必殺忍法、超ライドでござる!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

半人半蛇の種族ナーガの戦士。目のふちの赤い化粧と牙が相手を威嚇する。
バリ島風の衣装と多数の宝飾品を身につけ、両手に持ったレーザーの曲刀で踊るように戦う。
踊りの力によって、受けた傷を力に変え、仲間を呼び寄せる力を持っている。

  • モチーフはインド神話における鬼神、「夜叉(yaksa)」か。鬼神としてのイメージが強いが、その反面人間に恩恵をもたらす神としても信仰されている。

FAQ 節を編集

  • Q47 (2011-03-12)
    Q. バトルで相手のリアガードに攻撃がヒットして退却させました。この時、このユニットをライドさせることはできますか?
    A. いいえ、できません。

収録情報 節を編集