隠密魔竜(おんみつまりゅう) ヒャッキヴォーグ “Я(リバース)”/Covert Demonic Dragon, Hyakki Vogue "Яeverse"》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
むらくも - アビスドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[あなたの《むらくも》のリアガードを2枚選び、呪縛する] あなたの「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”」を3枚まで選び、そのターン中、パワー+10000。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)
【自】:[【カウンターブラスト】(2)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から「隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”」を1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルし、そのターンの終了時、そのユニットを手札に戻す。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 光輝迅雷で収録されたグレード3のむらくも

 リミットブレイクは、むらくもリアガード2枚の呪縛で、《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”》3枚までにパワー+10000を与える起動能力

 効果にはヴァンガードの自身を含み、前列3枚全てがこのカードであれば単体パワー21000のユニットのみがいる縦列が2つ、単体パワー21000のユニットとそのブースト役がいる縦列が1つという強烈な布陣を形成できる。
 ただ、最低でも2枚いなければ要求シールド値が変わらず、使用する意義がなくなってしまう。
 ライド分も鑑みると、ドロップゾーンダメージゾーンに2枚以上置かれてしまうとパワー増加効果を十全に発揮できない。

 また、1ターンの使用回数制限がないため、《粛清の守護天使 レミエル “Я”》のように2回使用することで、バトル回数を犠牲にしてパワー31000ライン2つを形成することも可能である。
 3枚目をリアガードサークルに並べられなかった場合には特に有効な選択肢となる。

 リアガードサークル登場した時に呪縛カード1枚を解呪できる《忍獣 メタモルフォックス》を併用できれば、後列3枚分の呪縛起動能力を2回使用し、パワー31000ラインが3つという破格のラインを生み出せるようになる。

 ヴァンガードサークル登場した時のスペリオルコール能力で2枚目以降を1枚確保できる。
 ターンの終了時の時限誘発によって手札に戻るため直後のターンバトル等によって退却する心配がなく、以降のターンで回収した分をコールすればそれ以降も使うことができ、もう1枚はコール後に《忍妖 オボロカート》を使えば確実に確保できる。

 また、《忍妖 オボロカート》を使った際は上記の起動能力を2回、スペリオルコールされた2枚目以降をコストにすることで山札に戻させないということも可能である。
 同様に、《忍獣 ミリオンラット》能力で展開した場合にも後々のためのブースト呪縛コスト要員の確保が可能。

 しかし、相手も全力で2枚目以降を退却させに来ることは明らかであり、複数ターンにわたって2枚目以降を守ることはどうしても難しい。
 特にライドしてからリミットブレイクの有効化までにターンが空くと、手札に戻した分は迂闊に再コールできなくなってしまう。
 《忍獣 イビルフェレット》起動能力スペリオルコールするという手もあるが、基本的に1度限りなのでその場凌ぎにしかならないので、《忍妖 コナユキ》と併用してリミットブレイクの有効化を図るという手もある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

いつの頃からか、隠密部隊“むらくも”に所属していた忍竜。 いつ誰が入隊を許可したかもわからず、出身地や過去の経歴すら誰にも知られていない謎多き忍だったが、“リンクジョーカー”の侵略開始と同時に、その正体は否応なしに明かされた――いや、彼は自分から正体を明かした。 隠密魔竜「ヒャッキヴォーグ」、彼は“リンクジョーカー”が作りだしたクレイ原生生物クローンの第一成功例、侵略者の先兵だったのである。 “リンクジョーカー”の侵略がドラゴンエンパイア本国まで及んだ時、彼は今が好機とばかりに本性を顕わにし、手当たり次第に元同胞達を斬り刻んだ。 本来の居場所へと戻った彼は、その身体に自ら「虚無(ヴォイド)」を打ち込み、真の力を解放する。 かつて百の鬼を従え、いま百の鬼を滅した虚構の忍。 偽りの同胞達の為に動かされる心など、初めから持ち合わせてなどいない。

  • カード名は、深夜の町を集団で徘徊する鬼や妖怪の群れとその行進を指す「百鬼夜行」と、生命体と自動制御系の技術を融合させたものを指す「サイボーグ(cyborg)」を掛け合わせたものになっている。

FAQ 節を編集

  • Q712 (2013-12-11)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探せないので、シャッフルだけを行います。
  • Q713 (2013-12-11)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットを裏向きにし、ユニットから呪縛カードになります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの初めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードがあると、リアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行える手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。
  • Q715 (2013-12-11)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q720 (2013-12-11)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q739 (2013-12-11)
    Q. このカードや「忍妖 オボロカート」の能力でコールしたカードを呪縛しました。ターン終了時にそのユニットは表になりますが、どうなりますか?
    A. そのままリアガードサークルにとどまり、移動しません。呪縛されたカードは、呪縛される前に受けていた効果を失うため、手札や山札の下に置かれません。
  • Q740 (2013-12-11)
    Q. このカードの能力でコールされたカードがドロップゾーンに置かれました。ターン終了時にドロップゾーンに置かれたカードは手札に戻りますか?
    A. いいえ、戻りません。ドロップゾーンに置かれたカードは別のカードとして扱われるからです。

収録情報 節を編集

ブースターパック光輝迅雷BT14/015 RR イラスト/DaisukeIzuka妖集いて群と成せ、忍法・百鬼夜行(ナイトメア・トルーパー)
BT14/S11 SP イラスト/DaisukeIzuka夢と現と幻と、三位一体の一閃を受けよ!