忍竜(にんりゅう) カトンスレイヤー》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
むらくも - アビスドラゴン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの「ヒャッキ」を含むヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。
【自】【(R)】:[このユニットをソウルに置く,あなたのドロップゾーンから1枚選び、山札の下に置く] あなたの「ヒャッキ」を含むユニットがこのユニットと同じ横列に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、【カウンターチャージ】(1)。

 剣牙激闘で収録されたグレード2のむらくも

 1つ目の能力は、ヴァンガードアタックした時に「ヒャッキ」のヴァンガードがいるなら、パワー+2000を得る自動能力

 《忍獣 スライサーウルフ》等と同様のパワー増加能力で、【ヒャッキ】であれば極めて緩い要件といえる。

 2つ目の能力は、「ヒャッキ」のユニットが同じ横列登場した時に自身のソウルインドロップゾーンから1枚をデッキボトムに置くことで、カウンターチャージ(1)する自動能力

 1枚分のディスアドバンテージと引き換えに、コスト効果のそれぞれでリソースの確保を狙うことができる。
 事前配置が必須となるか、3〜4ターン目辺りで左列右列前列に置いておけば、5〜6ターン目で「ヒャッキ」のカードライドすることで自然と誘発条件を満たすことができ、それ以降のターンでなら「ヒャッキ」のカード超越することでも手軽に誘発が狙える。

 《伏魔忍竜 ヒャッキゾーラ・アソウギ》との相性は非常に良く、あらかじめ前列リアガードサークルに配置しておけば、あちらのコストで必要となるリソースを確保しつつ、あちらの効果で必要となる山札の「ヒャッキ」のカードを補充できる。
 あちらで最大5枚までスペリオルコールして手数を稼げるので、ディスアドバンテージも気になりにくい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3035 (2017-02-02)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/077 C イラスト/いけだ秘技の一刀にて、その命、頂戴仕る!