次元(じげん)ロボ ダイバズーカ/Dimensional Robo, Daibazooka》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ディメンジョンポリス - バトロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:このユニットがアタックした時、あなたの「カイザー」を含むヴァンガードがいるなら、そのバトル中、このユニットのパワー+2000。
【永】【トリガーゾーン】:あなたの「カイザー」を含むヴァンガードがいるなら、このカードのグレード+1し、【自】:あなたのドライブチェックでこのカードがでた時、【カウンターチャージ】(1)/【ソウルチャージ】(1)。』を得る。

 ファイターズコレクション2015 winterで収録されたグレード2のディメンジョンポリス

 リアガード要員として見ると要件効果量の観点から《次元ロボ ダイドラゴン》にやや見劣りする。
 もう1つの能力で、《真・究極次元ロボ グレートダイカイザー》《超次元ロボ ダイカイザー》能力自動能力を与えられた「カイザー」を補助できる点に価値を見出せる使い方をすることになる。

 《真・究極次元ロボ グレートダイカイザー》《超次元ロボ ダイカイザー》にはドライブチェックグレード3のカードが出た時の能力誘発の安定性、それをグレード2のカードで高められる利点は大きい。

 同時に得られる自動能力によるカウンターチャージも、《真・究極次元ロボ グレートダイカイザー》《超次元ロボ ダイカイザー》コストカウンターブラストを必要としているので都合が良い。
 《真・究極次元ロボ グレートダイカイザー》は1回の誘発毎にカウンターブラスト(1)を払う必要があるので特に有用。

 ソウルチャージに関しては山札からグレード3のカードトリガーユニットを減らすリスクもあるものの、《真・究極次元ロボ グレートダイカイザー》《究極次元ロボ グレートダイユーシャ》永続能力要件達成の補助に利用できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

次元警察“ディメンジョンポリス”に近年入隊し、惑星クレイに配属された新人戦士。
内に秘める正義の心は誰にも負けていないが、功を焦るきらいがあり、その度にダイユーシャら先輩戦士にたしなめられている。
装備する大型砲台は、威力は高いが、その分狙いがぶれやすく、エネルギー消費や反動も大きい。
本来であれば実力には見合わないアンバランスな武器だが、威力にこだわってしまうのも、彼の若さたる所以だろう。

ダイバズーカの空回りを心配した戦士に、ダイユーシャはこう語った。
「誰しも、自分の正義と現実の狭間で悩み苦しむ時期はある。
個の力ではどうしようもないと悟った時、力を貸すために我々仲間が居るのだ。
彼も、その時にこそ『自分にしかできない仕事』を実感するはずだ」
そう、ディメンジョンポリスは正義を実現する“チーム”なのだ。

FAQ 節を編集

  • Q1826 (2015-12-17)
    Q. トリガーチェックでこのユニットがでた時、グレード3になるということですか?
    A. はい、そうです。それにより「グレード3がでた時」も発動します。

収録情報 節を編集