伏魔忍竜(ふくまにんりゅう) ヒャッキゾーラ・アソウギ/Ambush Demon Stealth Dragon, Hyakki Zora Asougi》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
むらくも - アビスドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1),あなたの手札から1枚選び、捨てる] あなたの山札から「ヒャッキ」を含むカードを5枚まで探し、別々の(R)にコールし、山札をシャッフルし、そのターン中、それらのユニットに『【永】【(R)【Gブレイク】(3):このユニットは後列からアタックできる。』を与え、そのターンの終了時、それらのユニットを山札の下に好きな順番で置く。

 剣牙激闘で収録されたむらくもGユニット

 ジェネレーションブレイク(2)は、1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)と手札1枚のドロップで、山札から「ヒャッキ」のカードを5枚までスペリオルコールし、それらのユニットに『自身は後列からアタックできるジェネレーションブレイク(3)』を与え、そのダーンの終了時にこの効果コールされたユニットデッキボトムに置く起動能力

 ほぼ【ヒャッキ】専用かつ使えるタイミングも8ターン目以降となるが、パワー11000のリアガードスペリオルコールによって水増しができる。

 Gゾーンに表のカードが2枚以上あるなら同時に与える永続能力も有効となり、ブーストの放棄と引き換えに合計で6回のバトルを行えるようになる。
 手数を重視すればするほど、山札に大量の「ヒャッキ」のカードが必要となるので《秘匿の忍鬼 タンバ》《伏魔忍竜 ヒャッキヴォーグ・ナユタ》等を利用して山札に「ヒャッキ」のカードを補充する手段も併用しておきたい。
 フィニッシャーとしての運用が基本となるのでコストによって生じる1枚分のディスアドバンテージや与える永続能力ジェネレーションブレイク(3)の制限による遅さはある程度は許容できる。
 リアガードが少ない場合でも利用できるので、《伏魔忍竜 ホムラレイダー》で大量にリアガードを消費した場合や退却等でリアガードを処理された場合でも扱いやすい。

 ゲーム後半で大幅にバトル回数を稼げばるGユニットとしては《伏魔忍鬼 ヤスイエ・テンマ》もあるが、こちらはリアガードダメージゾーンの表のカードといったリソースが少ない場合でも利用しやすい。

 ただし、「ヒャッキ」のカードは全て元々のパワー11000のカードなので、与える永続能力を利用して手数を優先した場合にクロスライド等の能力の他、トリガー効果等でパワー増加でアタックヒットを狙いたい相手ユニットパワー12000以上となってしまうとアタックヒットが狙えなくなる場合がある。
 そのため、手数を減らしてブースト役を配置しておいたり、相手ダメージゾーンが5枚のである場合のような相手トリガー効果によるパワーの増加のリスクが少ない状況で利用する等で対応するようにしたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3030 (2017-02-02)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q3035 (2017-02-02)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3041 (2017-02-02)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3042 (2017-02-02)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q3055 (2017-02-02)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q3068 (2017-02-02)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q3071 (2017-02-02)
    Q. 「後列からアタックできる」でアタックした場合、バトルの処理はどうなりますか?
    A. 通常と同じです。能力によって後列からアタックする場合でも、通常の場合と同じくバトルが発生し、処理されます。
  • Q3074 (2017-02-02)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q3130 (2017-02-02)
    Q. このユニットの能力でコールされたユニットが、そのターン中に、ドロップゾーンに置かれました。ターンの終了時に、ドロップゾーンに置かれたそのカードを山札の下に置きますか?
    A. いいえ、置きません。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、コールされたカードとは別のカードとして扱われます。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/017 RR イラスト/中村エイト阿僧祇の軍勢が、惨劇を彩る。