忍竜(にんりゅう) センリョウレイド》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
むらくも - アビスドラゴン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:[このユニットを【レスト】する] あなたのターンの終了時、あなたの「ヒャッキ」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、このユニットを退却させる。
【起】【(R)】:[【ソウルブラスト】(1),このユニットを【レスト】する] あなたのグレード3以上のユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。

 剣牙激闘で収録されたグレード1のむらくも

 1つ目の能力は、ターンの終了時にヒャッキ」のヴァンガードがいるなら自身のレストで、1枚ドローし、自身を退却させる自動能力

 「ヒャッキ」のヴァンガードがいることを要件とした1:1交換のドローを行える。
 誘発タイミングと要件の関係から即効性や汎用性に欠け、コストの都合でターンの終了時のタイミングでこのカードスタンド状態でリアガードサークルに置かれている必要があるのが難点となる。

 次のターンの守りに使える手札の確保が狙えるとはいえバトルへの参加を放棄してまで利用する利点は少ないので、《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”》コスト呪縛し、エンドフェイズスタンド状態で解呪されたタイミングで使うコンボに組み入れて効率的な運用を狙いたい。
 ディスアドバンテージを負うことなくユニットのいないリアガードサークルを用意できるので、2ターン後に《伏魔忍竜 ヒャッキゾーラ・アソウギ》による後列へのスペリオルコールユニットの重複処理によるディスアドバンテージに躊躇うことなく利用できる。
 ただし、《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”》とのコンボを2ターン後以降にも継続して利用する予定がある場合は、優秀な起動能力を持つこのカードを無暗に退却させるには惜しいのでコストを払わない方が良い場合もある。

 一応、スタンドトリガー等の効果前列リアガードスタンドしてもアタックヒットが狙えない場合にこのカードスタンドすることでも利用はできる。
 他にもバトルへの参加を放棄することになるが、ターンの終了時にデッキボトムに置く時限誘発付きのスペリオルコールコールされた場合はこちらの能力を利用することでアドバンテージを得られるので狙ってみるのも手だろう。

 2つ目の能力は、自身のレストで、グレード3以上のユニット1枚にパワー+5000を与える起動能力

 コストは重いが、ブーストの放棄と引き換えにグレード3以上のユニットパワーを強化できる。

 《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”》とは相性が良く、能力使用後にこのカード《隠密魔竜 ヒャッキヴォーグ “Я”》コスト呪縛することで、実質的にソウルブラスト(1)で使うことができる。
 さらに解呪が行える《忍獣 メタモルフォックス》《アースエレメンタル ポックル》を併用したなら、同一ターン中に同じコンボをもう1回だけ行えるので、稼げるパワーをさらに増やせる。

 その他のカードと組み合わせる場合は、このカードブーストを行うよりも増加するパワーは低いので別の縦列にいるユニット《伏魔忍竜 ホムラレイダー》の様にスタンドするユニットパワーを増加させたいところである。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3035 (2017-02-02)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3074 (2017-02-02)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/079 C イラスト/Moopic斬られて華を持たせる……それが端役の役目だろ?