【獣神】

提供:カードファイト!! ヴァンガード Wiki
移動: ご案内, 検索

目次

[編集] 概要

獣神 アズール・ドラゴン》や《獣神 エシックス・バスター》を始めとしたカード群「獣神」を主軸に据えたデッキ
バトルフェイズ中のスタンド時にパワーアップするユニット前列要員に、それらを能力スタンドできるユニットを軸にするのが基本戦術。
獣神」内でも、どのユニットを中心にするかで多少構築が変わるので、好みで選択したい。

[編集] 構築について

[編集] グレード3

パワー11000の盟主
ドライブチェックグレード1以上の「獣神」が出た時にリアガード1枚をスタンドするリミットブレイクを持つ。
ソウルに《獣神 エシックス・バスター》がいるなら常時パワー+2000を得る。
ノーマルユニットグレード1以上の「獣神」で極力統一することで、かなりの確率でリアガードスタンドを狙うことができる。
獣神 マックスビート》や《獣神 ライオット・ホーン》等を併用することで、スタンドさせるリアガード枚数の増加も狙うことができる。
ブレイクライドとの相性はそのスタンド性能から後列スタンドさせるしかなく、《最凶獣神 エシックス・バスター “Я”》と比べると見劣りするものの、言い換えればブースト付きのアタックが出来るということなので、決して悪いわけではない。
その性質上、《獣神 エシックス・バスター》のブレイクライドの恩恵がなくとも十分に活躍できることは大きく《獣神 フロッグマスター》の能力を利用して早期から誘発を狙っていくのも良い。
パワー11000の盟主
起動能力で『1ターンに1度、ヴァンガードアタックしたバトルの終了時に自身をスタンドする自動能力』を得るリミットブレイクを持つ。
ソウルに《獣神 エシックス・バスター》がいるなら常時パワー+2000を得る。
ターンに1度きりとはいえヴァンガードの再スタンドが行えるのは強力で、ドライブチェックヒールトリガーが出ても不発にならない。
スタンド能力を得るのにはカウンターブラスト(2)と手札の「獣神」2枚のドロップに加えて、リアガード2枚の呪縛とそれなりにコスト重い要求される。
しかも起動能力なのでツインドライブ!!前にコストを払わなければならない。手札枚数を稼ぎにくいこのデッキでは、後で取り戻せるとはいえ手札2枚とリアガード2枚のコストは少々重い。
また、呪縛コストによって削がれたパワーラインを少しでも補うために、スタンドトリガーや《獣神 ライオット・ホーン》等を活用して《シュテルン・ブラウクリューガー》のようにブースト要員共々スタンドを狙う等の工夫をするとよいだろう。
獣神 エシックス・バスター》からクロスブレイクライドした場合、少々心もとなかった単独パワーが補われた上でヴァンガードアタックが行われるため、前列が2枚あれば最大8回という多大なバトル回数を稼げる恐ろしいコンボとなる。(《獣神 ブレイニーパピオ》などを併用すればそれ以上)
ただ自身がパワーアップ能力を持っていない上、ブースト要員を呪縛してしまうため、ブレイクライド無しではかなり見劣りする。
強力なコンボではあるが、クロスブレイクライドできなかった場合やそのターン以降の戦力低下が大きい。
クロスブレイクライド出来たとしても、相手ダメージチェックトリガーが1枚でも出てしまうとそれはそれでアタックの勢いが衰えてしまう。
クロスブレイクライドによる豪快なスタンドラッシュは強力ではあるが、リアガードを積極的に狙うなどの堅実なファイトを心がける必要もあるだろう。
パワー11000。
ヴァンガードへのヒット時にペルソナブラストリアガードを2枚までスタンドできる。
誘発条件が厳しいがコストペルソナブラストのみなので、《獣神 マックスビート》などのカウンターブラストを使うユニットとの相性が良い。
元々のパワー11000を持つためリアガードとしてもそれなりの性能を持つが、能力の発動を狙うのなら手札に温存しておきたい。
また複数のサーチ手段を持つためライド成功率を高くでき、《超獣神 イルミナル・ドラゴン》のクロスライド有効化の要件でもあるので、クロスライドを狙うのであれば4枚採用は必須といえる。
自身がガード強要力を持っており、リアガードアタックが通りやすいので、スタンドトリガーとの相性が良い。
パワー11000の盟主
ヴァンガード1枚にパワー+10000と『ヴァンガードへのアタック時に前列リアガードをすべてスタンドする能力』を与えるブレイクライドを持つ。
ブースト時にパワー+2000を得る。
ブレイクライド先の選択肢にも多数恵まれており、特に《最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム》と《最凶獣神 エシックス・バスター “Я”》ならクロスブレイクライドになる。
また、《獣神 エシックス・バスター》でブレイクライドを重ねるだけでも十分に強力なのでそれ狙うのも面白い。
パワー11000の盟主
ヴァンガードへのアタック時に「獣神」のリアガードを2枚までスタンドできるリミットブレイクを持つ。
ソウルに《獣神 アズール・ドラゴン》がいるなら常時パワー+2000を得る。
獣神 アズール・ドラゴン》と違いヒットせずとも任意でスタンドできるのが強みで、コスト【ノヴァグラップラー】においては調達しやすいカウンターブラストのみと、非常に扱いやすい。
ただ、スタンド能力と相性の良い後列要員の《ダンシング・ウルフ》はその対象外である為、元々のパワーは落ちるが《獣神 ナイトジャッカル》で代用することになるか。
クロスライドユニットなので要件を満たせば常時パワー13000に上昇するが、《獣神 アズール・ドラゴン》とは違いこのユニット自身はガード強要力は無い為、《獣神 ホワイト・タイガー》やクリティカルトリガー等でそれを補うとよい。
またクロスライド以外にも《獣神 エシックス・バスター》からのブレイクライドという選択肢もあり、後列が「獣神」という実質的な縛りはあるが左右2列をブーストつきで確定でスタンドさせることができる。
このコンボは凄まじいスタンド性能を誇るが故に、スタンドトリガースタンドする対象が残りにくくためスタンドトリガーとの相性がやや悪くなるという注意点がある。
パワー10000。
バトルフェイズ中のスタンド時にパワー+3000を得る。
単体で十分アタック参加できるパワーになるため強力。基本的には1度しかスタンドしないため、基本的にはパワー13000として扱われる。
グレード3である為、クロスライドブレイクライド前提で運用しようと考えると、採用枠の確保が非常に厳しいが、有能な前列要員であるのは確か。

[編集] グレード2

パワー10000のバニラ
獣神 アズール・ドラゴン》軸や《最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム》軸の場合はカウンターブラストが余りがちになるので、出来れば別のカウンターブラストを要するユニットを採用したい。
ただし《超獣神 イルミナル・ドラゴン》軸や《最凶獣神 エシックス・バスター “Я”》軸の場合、カウンターブラストは残しておく必要があるので、こちらを採用するのが無難。
ただし後者はある程度融通が利くので要調整。
パワー9000。
バトルフェイズ中のスタンド時にパワー+3000を得る。
基本的には1度しかスタンドしないため、パワー12000のユニットとして扱われるのが普通。
しかし《獣神 ブランク・マーシュ》や《獣神 ホワイト・タイガー》などで複数回スタンドすると2度以上の誘発を行うことができ、非常に強力。
ただし、2回誘発してもパワー15000止まりであるため、パワー11000以上のヴァンガードにはあまり効果がない。
つまり、普通の運用では5枚目以降の《獣神 ヘイトレッド・ケイオス》と考えて置いた方が良いだろう。
パワー9000。
ヴァンガードへのヒット時にエスペシャルカウンターブラスト(1)で他のリアガード1枚をスタンドできる。
獣神 マックスビート》と併用することで、1列のスタンドを狙いつつガード強要ができる。
パワー9000。
アタック時に「獣神」のヴァンガードがいるならパワー+3000を得る。
スタンドを介さなくとも1回誘発した《獣神 ゴールデン・アングレット》と同じパワーが出るので非常に頼りになる。
単体でのパワーが重要なこのデッキにおいてはよほどのことが無い限り4枚採用しておきたい。
獣神 ブランク・マーシュ》等で2度目のスタンドを行なわない限り、このユニットは《獣神 ゴールデン・アングレット》よりも優秀となる。
パワー8000。
ヴァンガードへのヒット時にデッキトップ5枚以内から《獣神 アズール・ドラゴン》をサーチできる。
ガード強要力はそれなりにあるが、パワーが低いためヴァンガードへのヒットを狙うのが難しい。
パワーが低くても要求シールドを高められる3〜4ターン目辺りで積極的に狙っていきたい。
アタック要員としては力不足気味なので、能力の発動が見込めない場合はインターセプトに使っても良いだろう。

[編集] グレード1

パワー7000。
アタック時に「獣神」のヴァンガードがいるならパワー+3000を得る。
元々のパワー7000とブースト要員として及第点の数値を持ち、前列要員も兼ねることができるユニット
パワー7000。
ブーストしたユニットヴァンガードへのヒット時にカウンターブラスト(1)と自身のソウルインで「獣神」のリアガード1枚をスタンドする。
スタンドによる追加アタックで畳み掛けるため、またはガード強要のため、ブーストできる「獣神」の増量など優秀なため、優先して採用したい。
パワー7000。
ダメージゾーンが3枚以下でもヴァンガードリミットブレイクを有効にする永続能力を持つ。
主にリミットブレイクの早期有効化と相性の良い《最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム》と組み合わせることになる。
その他のリミットブレイク持ちの「獣神」に関しては恩恵を受けられないわけでもなく、《獣神 エシックス・バスター》のブレイクライドであれば有効になっても即座に使えない問題はあるが、ライドフェイズが回ってきた際に確実にブレイクライドを狙える利点はある。
最凶獣神 エシックス・バスター “Я”》や《超獣神 イルミナル・ドラゴン》のリミットブレイクに関しては連発のしずらいフィニッシャー向きの能力であるため、確実にフィニッシュを狙えるような万全の状態を整えにくいタイミングで使用する意義は少ないだろう。
パワー7000。
ヴァンガードへのヒット時に手札1枚のドロップで1枚ドローする。
前列要員としてはパワーが低く、あまり誘発の機会はない。
単なる後列要員として見ると、グレード1には同じくパワー7000の「獣神」が揃ってるため優先度は落ちやすい。
しかし、クロスライド達成率を高めたい場合等では手札交換は有効な手段となり得るため、使う場合はそれを狙っての採用となるだろう。
パワー7000。
バトルフェイズ中のスタンド時にエスペシャルカウンターブラスト(1)で他のリアガード1枚をスタンドできる。
他のスタンド効果を併用することで、スタンドするリアガード枚数の増加を狙うことができる。
2枚以上存在する場合、エスペシャルカウンターブラスト(2)以上が必要とは言え、1枚のスタンドを起点に3枚以上がスタンドできる。
最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム》をメインにする場合は是非覚えておきたい。
ヴァンガードへのヒット時にデッキトップ5枚以内から《獣神 アズール・ドラゴン》をサーチできる。
自身のパワーの関係で、実質的には2ターン目くらいしかまともに誘発が狙える機会はないと思っていいだろう。
ブースト要員としてもやや力不足であるため、《獣神 ブラック・トータス》を優先してこちらを採用しないことも考えられる。
ノヴァグラップラー守護者
ツイン・ブレーダー》等でもいいが、《最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム》のリミットブレイクエスペシャルカウンターブラストもあるためこちらが優先される。
最凶獣神 エシックス・バスター “Я”》の場合でも、最悪緊急時のコストに出来る分、なるべくこちらを採用するに越したことはない。

[編集] グレード0

ファーストヴァンガード候補。
バトルフェイズ中のスタンド時にパワー+3000を得る。
獣神 エシックス・バスター》やクロスライドしたヴァンガードブーストスタンドトリガー等でスタンドさせることで、不意討ちのパワー21000ラインを狙うことができる。
最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム》と《超獣神 イルミナル・ドラゴン》の場合は、自身のリミットブレイクでもそれを狙うことができる。
最凶獣神 エシックス・バスター “Я”》の場合はスタンドトリガー頼みになりやすいが、相手の計算を狂わせた上でヴァンガード列のパワー21000ラインの再スタンドが行えるため狙ってみる価値はあるだろう。
ファーストヴァンガード候補。
ブーストしたユニットヴァンガードへのヒット時にカウンターブラスト(1)と自身のソウルインで、「獣神」のリアガード1枚をスタンドする。
パワーが低いため、リアガード後列では邪魔になることも多々ある。幸いヴァンガード要員はいずれもパワー11000以上のため、ヴァンガード後列として使用すると良い。
問題はファイトが後半になるにつれ、能力誘発が狙いくくなっていくこと。機を見て早めに使用してしまうのが良い。
ファーストヴァンガード候補。
同じ縦列にいる「獣神」のスタンド時に自身をスタンドする能力を持つ。
スタンドトリガーや《獣神 ブランク・マーシュ》などとの相性が良く、非常に頼りになるカード。
超獣神 イルミナル・ドラゴン》軸や《獣神 エシックス・バスター》軸ならば、前列の「獣神」がスタンドさせやすく扱いやすい。

[編集] トリガー

順にクリティカルトリガードロートリガースタンドトリガーヒールトリガーバニラ
エスペシャルカウンターブラスト等の都合上、優先的に採用すべきだがデッキ構築次第では減ることになるだろう。

[編集] 「獣神」以外のカード

獣神 ブレイニーパピオ》や《獣神 マックスビート》などのエスペシャルカウンターブラストがあり、これ以外にも「獣神」指定が厳しいものが存在するため、これらのカードを使用する場合はなるべく採用しない方が良い。
ヒット時にカウンターブラスト(2)で1枚ドローできるグレード2。
獣神 アズール・ドラゴン》や《獣神 エシックス・バスター》はカウンターブラストを一切使わずにリアガードスタンドさせるため、ドローまたはガード強要をする機会が増えやすい。
ただ《超獣神 イルミナル・ドラゴン》とはコスト競合を起こすのが難点。どうしても使いたいのなら《ドグー・メカニック》などを採用するのが良い。
パワー8000のグレード1。
全体的に非力なユニットは少ないのだが、パワーが低い《獣神 ブラック・トータス》の補助として重要。
自身をレストして手札交換ができるグレード1。
手札事故回避の他に《獣神 アズール・ドラゴン》のコストを確保することにも使え、パワー7000と後列要員として及第点の数値を持っている。
バトルフェイズ中のスタンド時にパワー+3000を得るグレード1。
単体では使いにくいが、《獣神 アズール・ドラゴン》の能力なら前列ブースト先と同時にスタンドさせられるので能力が活かしやすくなる。
特に、元々のパワー11000以上のユニットと共にスタンドすれば、パワー21000ラインを超えることができるため強力である。
コール時にダメージゾーンカード1枚を表にできる。
超獣神 イルミナル・ドラゴン》等、カウンターブラストを積極的に使っていくなら多目に採用しておきたい。
コール時にソウルブラスト(2)で1ドローする。
リアガードを多く必要とする【ノヴァグラップラー】において、ドロー能力は重宝する。但し、ファーストヴァンガード次第では《獣神 ライオット・ホーン》等、ソウルを2枚貯めるタイミングに遅れが発生しやすくなるため、注意が必要である。
ブーストしたユニットヴァンガードへのヒット時にダメージゾーンカード1枚を表にするグレード1。
超獣神 イルミナル・ドラゴン》の能力リミットブレイクなので《ドグー・メカニック》などを使う場合、使用するまでコールできないという事態が起こりうる。
そこで前列パワーが高めであることも相まって、ダメージゾーンの表のカードの補填要員として採用するユニットはこれがベストかもしれない。

[編集] トリガー構成について

獣神 アズール・ドラゴン》がヴァンガードへのヒット時に誘発する能力を持っている為ガード強要力が高く、こちらのリアガードアタックが通りやすい為、こちらを主軸にするならばスタンドトリガーを中心とした構成となる。
一方で《超獣神 イルミナル・ドラゴン》は高パワーで発揮できるユニットながらヒット能力が無い為、ガード強要力が低い。よってクリティカルトリガーと相性が良いが、《獣神 ホワイト・タイガー》等を活用してガード強要性を生み出すのであればスタンドトリガー中心でもかみ合わない事はない。
よってクロスライドを前提とした構築なら両者共にで通用できるスタンドトリガーを中心とした構成が無難だが、《超獣神 イルミナル・ドラゴン》単体を重視するならクリティカルトリガー中心でも問題はない。
問題は《獣神 エシックス・バスター》のブレイクライドを扱う場合。ブレイクライドを受けるユニットによってかなりトリガー構成が変わってくる。
こちらの場合はある程度融通が利く。スタンドトリガー主体ならリアガードスタンドする確立は更に高まる。クリティカルトリガー主体の場合、特別相性がよいわけではないが、特筆するほどのデメリットもないので問題はないだろう。
ブレイクライドを考慮すると、その効果や呪縛コストの性質上スタンド対象がいなくなる場合が多い。《獣神 ナイトジャッカル》の存在から悪い選択肢でもないが、《獣神 ライオット・ホーン》で事足りる場面も多い。よって、《獣神 ナイトジャッカル》をファーストヴァンガードにするならスタンドトリガーの採用が視野に入れやすくなり、それ以外であればクリティカルトリガー主体の方が安定するだろう。
リミットブレイクと同時使用を狙う場合、左右列にいるリアガード全てがスタンドする可能性が高く、《獣神 ライオット・ホーン》すら無駄になることがある。そういったケースを鑑みると、《獣神 ナイトジャッカル》をファーストヴァンガードにしてヴァンガード後列スペリオルコールしていた場合を除いて、スタンドトリガーは無意味になりやすく、クリティカルトリガー主体の方が使いやすい。ただし、ブレイクライド直後はリミットブレイクの発動を見送り、次のターン以降に改めてリミットブレイクを狙えばそれを回避でき、スタンドトリガーを無駄にする状況も抑えることもできる。コスト温存にもなる為、悪い行動ではない。必要なカードは増えるが、《獣神 マックスビート》をうまく活用すればより少ないコストリアガード列が1列スタンドするため、この場合ならスタンドトリガーも幾分活かしやすい。
また相手ダメージチェックの内容によってはブレイクライドを行った場合でも、ヴァンガードへの[ヒット]]がかなり通りにくくなる。そのためブレイクライドまでに相手ダメージゾーンを4枚以上にしておきたい。そう言う意味でもクリティカルトリガー主体の方が良い。
いずれにせよ、エスペシャルカウンターブラストを考慮して、なるべく「獣神」の枠内で収めておきたい。
また、「獣神」のリアガードを揃える必要がある為、ドロー系の能力を持つユニットを採用しない場合はドロートリガーで補いたい。
超獣神 イルミナル・ドラゴン》や《最凶獣神 エシックス・バスター “Я”》のリミットブレイクは使用するタイミングの関係から、使用後にダメージゾーンの枚数が変動しても能力の運用に影響が出ず、手札消費のカバーが難しいこのデッキではヒールトリガーは生存率を高められる為、基本的には4枚積みが推奨される。ただ、ノヴァグラップラーの[[ダメージゾーン]のカードを表にする手段が豊富である為、その点のみで限定するなら多少枠を削っても支障はでにくい。

[編集] おおまかなタイプ別構築について

グレード1以上の「獣神」を擬似的なスタンドトリガーとする《最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム》を軸とするタイプ。
リミットブレイクリアガードを安定して1枚以上スタンドし続けることができ、《獣神 マックスビート》や《獣神 ライオット・ホーン》を絡めればさらにスタンド枚数を増やすことが可能となる。
リミットブレイク誘発率を高めるためにグレード1以上はほぼ「獣神」で構成することになるが、《獣神 ブレイニーパピオ》や《獣神 マックスビート》が能力コストエスペシャルカウンターブラストを要求するのでさほど気になりにくい。
獣神 エシックス・バスター》からのクロスブレイクライドは無理に狙う必要はないが、成功すれば《獣神 マックスビート》や《獣神 ライオット・ホーン》に頼らずに左右の縦列をそれぞれブーストつきでのスタンドを狙うことができる。
ディスアドバンテージなしのヴァンガードの確定再スタンドができる《最凶獣神 エシックス・バスター “Я”》を軸とするタイプ。
手札消費こそ2:2交換でディスアドバンテージなしとはいえ、リアガード2枚の呪縛によるパワーラインの低下によって突破力に不安が残りやすい。
そのため、《獣神 エシックス・バスター》からのクロスブレイクライドが前提なってくる。 
クロスブレイクライドに成功すれば8回という多大なバトル回数を稼ぐことができ、爆発的な突破力を発揮する。
ただし、一発勝負のコンボにであり防がれると突破力が大きく低下してしまうため、行うタイミングは慎重に選びたい。
ペルソナブラストのみの消費で2枚のスタンドが狙える《獣神 アズール・ドラゴン》を軸としたタイプ。
獣神」サポートというよりは当人のペルソナブラストのみをコストにしたスタンド能力を生かした形のデッキカウンターブラストを使用しないため、別のコストを使用するカードが使えるのが特徴。
しかし、そのペルソナブラストの確保できるかが1つの問題となってくるので、《獣神 ヘルアーティ・デストロイヤー》や《獣神 ブラック・トータス》を活用してなるべく序盤から確保できるようにしておきたい。
獣神 ブレイニーパピオ》や《獣神 ブランク・マーシュ》を用いてさらにガード強要することでスタンドを狙える機会を増やせ、《獣神 マックスビート》や《獣神 ライオット・ホーン》でスタンド枚数を増やす体制を整えればさらにガード強要力が向上する。
この中には《アシュラ・カイザー》を組み合わせたにした構築などがある。
ヴァンガードへのアタック時に「獣神」のリアガードを2枚スタンドできる《超獣神 イルミナル・ドラゴン》を軸としたタイプ。
リミットブレイクコストカウンターブラスト(3)が重い上、「獣神」のリアガードを2枚以上揃えなければならないためデッキの構成がある程度縛られる。ただし、その分爆発力がある。
獣神 アズール・ドラゴン》でガード強要を行ってシールドを削り、リミットブレイクによるフィニッシュを狙うクロスライド型と、《獣神 エシックス・バスター》からブレイクライドし左右2列の再スタンドを狙うブレイクライド型がある。

[編集] このデッキの弱点

【ノヴァグラップラー】全般に言える事だが、カードアドバンテージを稼ぐ手段にそれほど秀でていないにも関わらず「獣神」を展開しなければならないので、一方的かつピンポイントの退却手段を持つデッキに弱い。
特にインターセプトを持ち、攻撃の中核を担う《獣神 ゴールデン・アングレット》や《獣神 ヘイトレッド・ケイオス》等の有力なスタンド候補をこまめに退却させされると厳しい。《獣神 アズール・ドラゴン》の存在から前列要員不足の心配はそこまで無いものの、貴重なシールド値が削られるのは痛く、終盤になればなるほどじわじわ効いてくる。
考えなしに序盤から全力展開した場合にも同様の事が言える為、スタンドトリガーを中心としたデッキの場合はそれに期待し、ブーストが無くとも的確に相手シールド値を削るような戦い方を心がけ、手札を温存しておきたい。

[編集] このデッキへの対抗策

退却手段があるなら相手グレード2を中心に退却させてやるなどすれば、息切れしやすくなり、相手手札が薄くなるか攻撃の手が緩むので、対応が楽になる。
獣神 アズール・ドラゴン》の能力ダメージゾーンの枚数に余裕があり、なおかつペルソナブラストによってスタンドしたユニット達も受け切れるのであれば、発動させてやれば良い。向こうは前列要員及び完全ガードの有力コストの候補であるグレード3を失っている為、返しのターンに貯め込んだカウンターブラストリミットブレイク等で活用するなり、相手リアガードアタックしてみるなりして反応を窺ってやると、その後の見通しがある程度つく。
超獣神 イルミナル・ドラゴン》のリミットブレイク相手側が任意で発動できる為、しかるべくタイミングで発動されたらどうしようもない。ヴァンガードクリティカル値が上昇可能なデッキ相手ダメージゾーン3枚に止めて有効化を防ぎながら攻めたり、それが行えない場合はリアガードサークルに存在するスタンド対象になり得る「獣神」を少しでも削ってやったりする等の予防策を講じるぐらいか。
最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム》のリミットブレイクは高確率でリアガードスタンドさせてくるので、早々に対処ができなければターンを回してしまう度に4〜5回のバトルが行われることとなる。
この能力にはコストを必要としないのでコストが切れるまで耐えるといった戦術は通用しにくい為、リアガード退却させて攻勢を弱めるなり相手ヴァンガードへ一点突破を狙って早急に勝負を決めるなり相応に対抗していきたいところである。
どのユニットを軸とした場合でもバトルフェイズ中のスタンドを基本戦術としているという点では変わりはないので、可能であればクロスライドによってこちらのヴァンガードを常時パワー13000にしておくとガードに必要なシールドを大きく減らせるので心強い。
退却能力を有していないデッキで戦う場合でも極力相手前列リアガード退却させておきたいところではあるが、その場合の大まかな優先順位としてまずは単独でもヒットを狙われやすい《獣神 ヘイトレッド・ケイオス》を集中的に狙っておきたい。
次いで《獣神 ブレイニーパピオ》、《獣神 ダムンドレオ》、《獣神 デザートゲイター》といったところだろうか。
最も恐れるべき事態は《獣神 エシックス・バスター》から《最凶獣神 エシックス・バスター “Я” 》へクロスブレイクライドしてからの8回にも渡る怒涛のラッシュだろう。
万全の状態からこれを行われるとよほどシールドダメージゾーンの枚数に余裕があったり、ダメージチェックトリガーに恵まれない限りはそのまま押し切られてしまう。
これに対しては前述の通り相手リアガードを少しでも退却させて万全の状態で発動させないのが好ましいものの、相手もそれは理解しているので手札前列要員を温存しておくなどの処置をとってくるため限度がある。
最強獣神 エシックス・バスター・エクストリーム》の場合と同様、クロスライドならば防御面で有効な対抗策となることができるものの、それも前提としていないデッキの場合、最早ダメージチェックトリガーに期待するしかなくなってしまい非常に厳しい事態となってしまうだろう。
仮に守りきったとしても、ガード手札の大半を消費し、インターセプトをも使用したぎりぎりの状態で、とても継戦できる状態でなくなってしまうことがほとんどであるため、最大限にダメージトリガーを活かせるプレイングを心掛け、状況次第では相手ドライブチェックトリガー1枚でも出てしいまうとヒットを許してしまう様なぎりぎりのガードもやむを得ないと割り切ってしまうことも大切。
これを2ターン以上に渡って使用されれば耐えることは非常に難しい。しかし、相手も相応の消費はしているので、返しのターンにはそのまま相手に引導を渡すつもりで攻め、少なくとも万全の状態でリミットブレイクを使われないようにする程度の反撃はしておきたい。
総じて「リアガードありき」の当デッキであるため、いかに万全の布陣を作られせないかが勝負の分かれ目となる。
バトル回数を増加させることを基本戦術とするという点では【アクアフォース】に通じるものがあり、そちらでの対抗策もある程度は当デッキへの対抗策としても流用できるので参考にしておきたい。

[編集] 関連項目


個人用ツール
名前空間
変種
操作
ご案内
トライアルデッキ
はじめようセット
スターターセット
ブースターパック
エクストラブースター
その他
プロモーションカード
カードデータ
クラン
デッキ集