獣神(じゅうしん) ブレイニーパピオ/Beast Deity, Brainy Papio》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(V)/(R)】:[【カウンターブラスト】(1) - カード名に「獣神」を含むカード] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの《ノヴァグラップラー》のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、他のあなたの《ノヴァグラップラー》のリアガードを1枚選び、【スタンド】する。

 絶禍繚乱で収録されたグレード2のノヴァグラップラー

 コストエスペシャルカウンターブラスト(1)となり、誘発したのがリアガードサークル上でもグレード2以上のリアガードスタンド対象にできるようになった《ライオン・ヒート》のようなカード

 《獣神 ブランク・マーシュ》と並び、ガード強要ができる「獣神」である。
 スタンドデッキの悩みどころであるダメージチェックのリスクもある程度抑えられ、こちらはユニットを失わないため気兼ねなく能力を使用できる。

 自身をスタンドすることはできないものの、《獣神 マックスビート》ブーストしていれば、その《獣神 マックスビート》スタンドしてから《獣神 マックスビート》能力でこのカードスタンドできる。
 これによりこのカード誘発条件を満たしコストを払える限り、《獣神 マックスビート》と共にスタンドし続けることが可能である。
 ヴァンガードヒットを許せば全く同じアタックが再度行われることになるため、ガード強要として非常に優秀と言える。
 パワーを上げれば、ガードされてもヴァンガードヒットしてもその増加分を活用することができるため、トリガー効果によるパワー増加は是非このカードに与えたい。

 コストは「獣神」である必要があるものの、要件効果対象はノヴァグラップラーであれば問題なく対応するため、純粋な【獣神】以外でも利用する余地はある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

ここ数年爆発的な人気を誇る戦闘機兵集団、獣神軍が誇るニューチーム「エンシェント」の一員。 捉えどころのない不思議な動きで敵の陣形を掻き乱し、注意を惹きつけるトリックマスター。 バトロイドにしてはかなりの小型で、フィニッシャーになる事はほとんど無いが、活躍の場は非常に多い。 特にメットに備えられたミサイルポッドは、戦闘中であっても体内で実弾、煙幕弾、粘着弾など様々な種類の弾に差し替える事が可能であり、他のチームが彼を「エンシェント」で最も厄介な相手として警戒する最大の要因にもなっている。 密林の住人である猛獣の動きをトレースしたかのような、無機質ながらも野生を感じさせるその動き。 たとえセンサーが捉えたとしても、振り向く頃にはすでにいない。 「最強」でも「最速」でも無い、しかし「最悪」という言葉を連想させる獣。 見えぬ樹々を縫うが如く、奴が近づいてくる。

  • モデルはエジプト神話のヒヒ姿の知恵の神、トト神だろう。

FAQ 節を編集

  • Q605 (2013-09-12)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか?
    A. コストとして支払うカードの条件です。条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンの「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q606 (2013-09-12)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック絶禍繚乱BT13/012 RR イラスト/イシバシヨウスケ密林を舞うが如く。獣神の攻撃は終わらない。