《アシュラ・カイザー/Asura Kaiser》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)/(R)】:他のあなたの《ノヴァグラップラー》の、ヴァンガードかリアガードがいないなら、このユニットのパワー-2000。
【自】【(V)】:このユニットのドライブチェックでグレード3の《ノヴァグラップラー》がでた時、あなたのリアガードを1枚選び、【スタンド】する。

 騎士王降臨で収録されたグレード3のノヴァグラップラー

 シンプルながらしっかりアドバンテージに繋がる能力
 誘発に確実性は無いが、スタンドするリアガードに制限は無く、コストも必要としない。
 その上パワー11000なので及第点の防御力を持ち、またスタンド対象にするリアガードとしても優秀。

 スタンドトリガーと違ってパワーを増やすことまではできないため、リアガードの単独パワーが低いとスタンドが無駄になってしまうことも有り得る。
 それに関しては《デスアーミー・ガイ》《デスアーミー・レディ》を併用してスタンド枚数を増やすことで補える。

 《ダンシング・ウルフ》を中央後列に配置することで疑似的にパワー21000ラインを形成をすることができる。

 また、「アシュラ」の専用サポートカードの《ベアダウン・サムラーイ》《ダンシング・ウルフ》のような疑似的なパワー21000ラインの構築を狙える。
 《ベアダウン・サムラーイ》も含めて2度以上の誘発が狙えるので、スタンドによってバトル回数の増強だけでなく要求シールド値の上昇も狙いやすくなる。

 誘発条件の都合からメインデッキに入れるグレード3のノヴァグラップラーの枚数が多めになりやすい為、完全ガードノーマル超越等、グレード3のカードを効率良くコストにできる手段はある程度用意しておきたい。

 カウンターブラストを使わないという部分は重要であり、《マジシャンガール キララ》《ジェノサイド・ジャック》と相性が良いのは勿論、《永劫不敗 アシュラ・カイザー》《メテオカイザー ビクトプラズマ》の為に温存するのも良しとコストの配分がしやすくなっている。

  • アニメでは葛木カムイの切り札として登場。前期オープニング映像などから見ても象徴的カードのはずだが、詳細が描写されたファイトにおいては初登場の第5話から長らく使われず、第60話(VS新城テツ)でようやく2度目の登場を遂げている。その後は、第69話(VS先導アイチ〈3回目〉)でもライドし、第71話(VSクランク)にてコールされるなど、長い時を経てようやく出番が巡ってきている。
    • 逆に、ファイトの途中経過を省略してカムイの勝利シーンのみが描写される場合には初期から頻繁に使用されていた。
    • 主要人物の使う主力級グレード3でありながらライド時の専用の口上が存在しない、という点でも珍しい存在。
    • イラストはアニメオリジナル仕様のものが存在し、初期から使用されている。初めて騎士王降臨仕様が見られたのは第13話だが、アニメ仕様になっているシーンも度々あった。なお、登場から長くアニメ仕様の物は発売されなかったが、ファイターズコレクション2013でついにアニメオリジナル仕様の物がカード化された。
    • 第5話にて、自動能力が発動した時になぜか「必殺技・ヘルスタンド!」と呼称している。
    • 第52話では右野レイジが使用しており、この時のイラストは騎士王降臨仕様だった。
    • どちらかと言えば、カムイの象徴的なカード《バトルライザー》といった印象を受ける。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

いわずと知れたノヴァグラップル常勝無敗のファイターにして現チャンピオン。多対1のマッチングを自ら望む程の屈強な戦士。
多関節の6本腕は変幻自在な動作が可能であり、「カイザー・バスター」は一発一発の攻撃全てが必殺の破壊力を持つ、まさに『百撃必殺』の大技である。
彼は一度刻まれた傷をあえて修復しないのだと言う。 彼にとって無数の傷は頂である自分に挑戦してきた者たちとの戦いの証ということなのだろう。

いわずと知れたノヴァグラップル常勝無敗のファイターにして現チャンピオン。多数対1のマッチングを自ら望む程の屈強な戦士。 多関節の6本腕は変幻自在な動作が可能であり、「カイザー・バスター」は一発一発の攻撃全てが必殺の破壊力を持つ、まさに「百撃必殺」の大技である。 彼は一度刻まれた傷をあえて修復しないのだと言う。 彼にとって無数の傷は頂である自分に挑戦してきた者たちとの戦いの証ということなのだろう。

  • このカードは今日のカードにて2012年2月26日と2013年5月22日の2度紹介された。TMSによるファイターズコレクション2013仕様のものが公開され、文章はほぼ同じものであるが「多対1のマッチング」の部分が「多数対1のマッチング」となっているなど細部が異なる設定が紹介された。
  • (少々中途半端な扱いながら)アニメでもしっかり登場している有力なRRRカードだが、騎士王降臨前後の今日のカードでは公開されず、発売から約11ヶ月後とかなり遅れた公開となった。

FAQ 節を編集

  • Q120 (2011-08-24)
    Q. ダメージをうけた時のチェックでグレード3の《ノヴァグラップラー》がでた時も、リアガードをスタンドできますか?
    A. いいえ、できません。ドライブチェックはヴァンガードがアタックした時にめくるトリガーチェックのことです。
  • Q496 (2013-04-26)
    Q. ダメージをうけた時のチェックでグレード3の《ノヴァグラップラー》がでた時も、リアガードをスタンドできますか?
    A. いいえ、できません。ドライブチェックはヴァンガードがアタックした時にめくるトリガーチェックのことです。
  • Q670 (2013-11-14)
    Q. ダメージをうけた時のチェックでグレード3の《ノヴァグラップラー》がでた時も、リアガードをスタンドできますか?
    A. いいえ、できません。ドライブチェックはヴァンガードがアタックした時にめくるトリガーチェックのことです。

収録情報 節を編集

ブースターパック騎士王降臨BT01/008 RRR イラスト/天神英貴百撃必殺! カイザー・バスター!
BT01/S07 SP イラスト/天神英貴百撃必殺! カイザー・バスター!
スペシャル/コレクションファイターズコレクション2013FC01/S09 SP デザイン/天神英貴 イラスト/TMSアシュラ・カイザー
フィニッシュ・ホールド!
エクストラブースター銀河の闘士EB08/004 RR イラスト/天神英貴百罰万戒! カイザー・バスター!