永劫不敗(イモータル) アシュラ・カイザー/Immortal, Asura Kaiser》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):このユニットのドライブチェックでグレード3の《ノヴァグラップラー》がでた時、そのバトル中、このユニットは【自】(V)】:[【カウンターブラスト】(2),あなたの手札から《ノヴァグラップラー》を2枚選び、捨てる] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの、ヴァンガードとリアガードを1枚ずつ選び、【スタンド】し、そのターン中、このユニットのパワー+10000。』を得る。そのターン中、この能力は使えなくなる。
【永】【(V)】:あなたのソウルに「アシュラ・カイザー」があるなら、このユニットのパワー+2000。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 銀河の闘士で収録されたグレード3のノヴァグラップラー

 リミットブレイクは、1ターンに1回、ドライブチェックグレード3のノヴァグラップラーが出た時に『1ターンに1回、ヴァンガードアタックしたバトルの終了時にカウンターブラスト(2)と手札ノヴァグラップラー2枚のドロップで、自身とリアガード1枚をスタンドし、パワー+10000を得る自動能力』を得る自動能力

 スタンド能力誘発タイミングはバトルの終了時なので手札コストはほぼ確実に支払うことができる。
 また、クロスライドを狙う場合でも《アシュラ・カイザー》カウンターブラストを使用しないこともあり、コストの確保はたやすい。

 また都合2枚のノヴァグラップラースタンドするので《デアデビル・サムラーイ》《ベアダウン・サムラーイ》パワー+6000を得られ、非常に有効なスタンド対象となる。
 さらに同じ誘発条件で自身をスタンドする能力を持つ《デスアーミー・レディ》《デスアーミー・ガイ》等がいれば、その分だけスタンド枚数と《デアデビル・サムラーイ》《ベアダウン・サムラーイ》能力誘発回数を増やすことができる。

 ヴァンガードスタンド能力としては手札消費が2:2交換で自身にパワー+10000、追加でリアガード1枚をスタンドできるという破格の効率を誇っている。
 ただし、「ドライブチェックグレード3のノヴァグラップラーが出た時」という誘発条件の都合上、スタンドを狙いたいタイミングで狙って誘発させることができないのが大きな欠点。

 ヴァンガードスタンドという点を見ればヴァンガードアタックした時に誘発する能力を付加する《獣神 エシックス・バスター》《モーント・ブラウクリューガー》との相性は良い。
 特に《モーント・ブラウクリューガー》スタンドに成功すれば更なるパワーの増加が見込めることもあり、「ブラウ」のサポートを取り入れるということはほぼできないがリターンは大きい。

 ただ、サポートカードである《デアデビル・サムラーイ》《ベアダウン・サムラーイ》が「アシュラ」をブレイクライドするまでスタンドトリガーや他のスタンド効果なしでは機能しなくなる。

 クロスライド重視、グレード3重視、ブレイクライドの採用と構築の選択肢が多く、なんとも悩ましいカードではある。

 山札にあるグレード3のカードの残り枚数が少ないのであれば、《闘神 アシュラ・カイザー》ノーマル超越してグレード3のカード山札に戻すか、《メテオカイザー ビクトプラズマ》で無理矢理押し切ってしまった方が良い場合もある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

絶大な人気を誇る闘技、ノヴァグラップル。 その中に、ファンや選手のみならず、他国にまで名を知らしめる伝説の闘士がいた。 「アシュラ・カイザー」――ノヴァグラップル開催当初より、頂点に君臨し続けた無敗のチャンプ。 しかし、多くの選手が同時に戦える上、より華やかでもあるチーム戦が主流となった現代、今までノヴァグラップルの花形であったシングル戦は玄人向けのコンテンツとなり衰退、ついには廃止を余儀なくされる。 そして、最後の試合を終えた後、国中を騒がせる事になる一言が彼の口から放たれた。 「チーム戦への転向」。 己の勲章とも言うべき傷を全て補修し、一介の挑戦者となる事を望んだのである。 不安を隠せなかったファン達も、記念すべき初戦を苦も無く勝ち越した彼の姿を見て口々に言った。 「彼は永劫不敗だ!」と。 無敗の挑戦者が今、再び頂を目指して走り出す。

FAQ 節を編集

  • Q663 (2013-11-14)
    Q. このユニットのドライブチェックの1枚目でグレード3の《ノヴァグラップラー》が出た後、ドライブチェックの2枚目で治トリガーがでて、ダメージゾーンのカードが4枚から3枚になりました。バトル終了時に、このユニットはスタンドできますか?
    A. はい、できます。1枚目のドライブチェックではダメージが4枚だったので、このユニットはリミットブレイク能力で能力を得ています。得た能力はリミットブレイク能力ではないので、ダメージゾーンの枚数に関係なく使用できるからです。
  • Q664 (2013-11-14)
    Q. このユニットの【リミットブレイク】能力で得た能力でスタンドしてアタックしました。【リミットブレイク】能力で得た能力のコストをもう一度払ってスタンドすることはできますか?
    A. いいえ、できません。能力でスタンド後、アタックすると次のバトルに入ってるため、リミットブレイク能力で得た能力はその時点では失っています。
  • Q665 (2013-11-14)
    Q. このユニット能力でスタンドできるリアガードが1枚もない場合、ヴァンガードをスタンドして、パワー+10000できますか?
    A. はい、できます。可能なことは可能な限り実行するからです。

収録情報 節を編集

エクストラブースター銀河の闘士EB08/001 RRR イラスト/天神英貴その戦績から、人々は彼を永劫不敗(イモータル)と呼んだ。
EB08/S01 SP イラスト/天神英貴その眼にしかと焼きつけよ! イモータル・バスター!