【白魔女(まじょ) 節を編集

概要 節を編集

 「魔女」のカードやサポートを中心とした【ジェネシス】
 手札リアガードの確保、パワーの増加等、シンプルな能力が多く、堅実な展開が得意な王道的デッキ

構築について 節を編集

「魔女」のカード 節を編集

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

「魔女」以外のカード 節を編集

―Gユニット

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 これは【ジェネシス】全般に言えることだが、やはり過度のソウルチャージによるデッキアウトのリスクが大きく、このデッキの場合はシークメイトコストを利用することによってある程度の緩和が可能とはいえ長期戦に持ち込まれると厳しい。
 《クレイマー・ハリー》《ドリーミング・ドラゴン》を入れるという手もあるが、ジェネレーションブレイク(1)の制限や誘発条件等を加味した使い勝手等の面から、最後の最後に発動するのも稀なので保険程度と思ってほしい。
 そして【ジェネシス】の派生デッキである関係上、アドバンテージ面は全てグレード3のカードに頼ってしまっているのが弱点。
 そのため、万が一グレード3のカードライドできない状況が続いてしまうとそれだけで一気にピンチに陥ってしまう。

 また、せっかくグレード3のユニットライドしたとしてもGユニットにしろグレード3のカードにしろ双闘出来なければその性能を十分に発揮できないという弱点がある。
 相手がそれを見越している場合、グレード3のカードライドを見送り、グレード2のヴァンガードで様子を見てくる事もある。

関連リンク 節を編集