《バトルシスター ばーむくーへん》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
オラクルシンクタンク - エルフ パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[あなたの手札から「バトルシスター」を含むグレード3のカードを1枚選び、公開する] このユニットが手札から(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札から「バトルシスター」を含むグレード3のカードを1枚まで探し、公開し、手札に加え、手札から1枚選び、捨て、山札をシャッフルする。
【永】【手札】:あなたが【超越】のコストを払う際、このカードのグレード+2。

 竜皇覚醒で収録されるグレード1のオラクルシンクタンク

 1つ目の能力は、手札からリアガードサークル登場した時に手札から「バトルシスター」のグレード3のカード1枚を公開することで山札から「バトルシスター」のグレード3のカードを1枚まで手札に加え、手札から1枚をドロップする自動能力

 《刻獣 リボルバー・ドラコキッド》と同様に、指定のグレード3のカード公開することで同種のグレード3のカードを1:1交換の効率で手札に加えることができる。
 使い方もそちらと同様であるが、こちらのコスト効果に対応するグレード3のカードは「バトルシスター」のカードとなっているので、基本的にメインデッキに入れるグレード3のカードを「バトルシスター」のカードで固める【バトルシスター】等のデッキでの利用が望ましい。

 効果探すことが可能なカードの中でも《バトルシスター もなか》コストペルソナブラストを含む能力を有しており、その連発を狙う際には特に役立つ能力となる。

 能力使用後にフィールドに残った後でも【バトルシスター】であれば、《バトルシスター さぶれ》要件で要求される他の「バトルシスター」のユニットの枚数稼ぎの足しになったり、《エキサイトバトルシスター しゅとれん》効果効率を高められる等、「バトルシスター」のサポートの恩恵を享受できるので無駄になりにくい。

 2つ目の効果は、《神剣 アメノムラクモ》と同様の永続能力

 基本的な使い方もそちらと同じとなるので、自動能力や「バトルシスター」関連のサポートを利用が狙える点を考慮した上で使い分けることになる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック竜皇覚醒G-BT12/029 R イラスト/田所哲平一発派手に、ぶちかましていきましょ〜!