今剣(いまのつるぎ)/Imanotsurugi》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
刀剣乱舞 - 刀剣男士-短刀 パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】:[このユニットをソウルに置く] あなたのグレード4以上のユニットを1枚選び、そのターン中、パワー+5000し、【自】(V)】誉(各ターン、あなたは全体で1回だけ誉のコストを払える):[【ソウルブラスト】(1)] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、【カウンターチャージ】(2)。』を与える。
【永】【手札】:あなたが【超越】のコストを払う際、このカードのグレードを+2する。

 刀剣乱舞-ONLINE-で収録されたグレード1の刀剣乱舞

 《月桂の騎士 シシルス》等と同じ永続能力と、自身のソウルイングレード4以上のユニット1枚にパワー+5000と『ヴァンガードヒットした時にソウルブラスト(1)でカウンターチャージ(2)する自動能力』を与える起動能力を持つ。

 起動能力で与えた自動能力コストで必要なソウルブラスト(1)はソウルインした自身で支払える。
 実質的にソウルを消費することなくカウンターチャージが可能であり、ガード強要としての効用は十分見込める。
 なので、他に持ちのリアガードがいる場合は問題になる可能性もあるが、その点さえ注意すればなかなか優秀である。

 とはいえ、誘発に成功したとしてもカード1枚分のディスアドバンテージを負ってしまうリスクは大きい。
 基本的には手札に保持してノーマル超越コスト要員と割り切ってしまった方が無難だろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • 原作ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』でのキャラクター説明では、「平安時代の刀工・三条宗近作の短刀。源義経の守り刀であり自刃した刀といわれているが、実物は不明。元気で良く跳ねる生意気な鞍馬の小天狗。」とされている。
  • 刀としての今剣は、宗近により鞍馬寺に奉納された後に、源義経の守り刀となったとされるが、唯一の登場作品「義経記」が後世の創作によるものなので、実在するかは不明。「義経記」によると、義経の自刃の際に使われたと言われている。これも事実だったのかは不明。

FAQ 節を編集

  • Q1446 (2015-07-16)
    Q. 一度、誉のコストを払ったあと、スタンドトリガー等により同じユニットのアタックがヴァンガードにヒットした場合は、誉のコストを払えますか?
    A. いいえ、払えません。同じターン中は、たとえ同じカードであっても一度しかコストを払えません。
  • Q1470 (2015-07-16)
    Q. 同じユニットが複数の「誉」の能力を持った状態で、そのユニットのアタックがヴァンガードにヒットした場合、一度に複数分のコストを払えますか?
    A. いいえ、払えません。複数の「誉」の能力が同時に誘発しますが、コストを払えるのはそのうちの1つ、一度だけです。
  • Q2649 (2016-10-13)
    Q. 誉とは何ですか?
    A. あなたのユニット全体の中で、1ターンに1回だけコストを払って使用できる能力です。
  • Q2650 (2016-10-13)
    Q. 一度、誉のコストを払ったあと、スタンドトリガー等により同じユニットのアタックがヴァンガードにヒットした場合は、誉のコストを払えますか?
    A. いいえ、払えません。同じターン中は、たとえ同じカードであっても一度しかコストを払えません。
  • Q2651 (2016-10-13)
    Q. 同じユニットが複数の「誉」の能力を持った状態で、そのユニットのアタックがヴァンガードにヒットした場合、一度に複数分のコストを払えますか?
    A. いいえ、払えません。複数の「誉」の能力が同時に誘発しますが、コストを払えるのはそのうちの1つ、一度だけです。

収録情報 節を編集

タイトルブースター刀剣乱舞-ONLINE-G-TB01/019 R ©2015 DMMゲームス/Nitroplusつーかまえたっ!
タイトルトライアルデッキ刀剣乱舞-ONLINE-G-TTD01/009 ©2015-2016 DMM GAMES/Nitroplusつーかまえたっ!