【サヴァス】 節を編集

概要 節を編集

 「サヴァス」のカード連波能力関連のサポートを中核とした【アクアフォース】

 ジェネレーションブレイクGユニット主体のデッキであり、ユニット単体のパワーコスト効率が改善されており、他の【アクアフォース】と比べ扱いやすさはかなり向上している。

 最も特筆すべき点としてはアドバンテージ獲得性能の高さと、抵抗持ちのユニット後列からのアタックギミックの導入のしやすさといった点であり、呪縛能力のによる退却に対する耐性が高く、旧来のアクアフォースにとっての致命的な弱点が大幅に緩和されている。

 その引き換えにジェネレーションブレイク主体である事も相まって攻撃速度が控えめになっており、【アクアフォース】の中では足の遅さが気になりやすい。
 が、あくまでそれは【アクアフォース】として見た場合の話であり、《タイダル・アサルト》を始めとする旧来の汎用性の高いカードが十分な速度向上効果を生み出せる為、他のクランデッキと比較した場合は十分なポテンシャルを持っていると言えよう。

 基本的な戦術としては、6〜7ターン目で《戦場の歌姫 メラニア》が持つ能力《天羅水将 フリストス》が与える能力によるドロー、あるいは《天羅水将 アリストテレス》が持つ能力《嵐を超える者 サヴァス》が与える能力による相手リアガード退却等を、《マグナム・アサルト》が持つ能力《戦場の歌姫 アデライード》が得る能力等のスタンド能力パワー増加能力を組み合わせて手数を稼ぐことでその補助を行いつつ、アドバンテージの確保と相手ダメージゾーンの蓄積を並行して狙い、以降のターンから《天羅水将 ランブロス》《慟哭の嵐 ウェイリング・サヴァス》等で詰めてフィニッシュを狙う、というのが理想となる。

 Gユニットに強力なフィニッシャーが揃っているので、如何に効率的に相手ダメージゾーンカードを蓄積させられるか、またGゾーンに表のカードがない状況では力不足であるGユニットでフィニッシャーを狙う下地を整える為に、如何に相手からの攻撃に耐えられる体力と時間を稼げるかが、構築とプレイングにおける重要なポイントだろう。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

 他の【アクアフォース】と同様にバトル回数稼ぎへの依存が強いため《炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン》《リザードソルジャー ベローグ》を有する【かげろう】は特に厳しい。
 さらにGユニット超越できなければ機能しないカードが多いため速攻への対応が厳しい面もあるため相手によってこちらも速攻で返すか超越先を変える等の対策をとるようにしたい。

関連リンク 節を編集