伝令任務(でんれいにんむ)のカモメ(へい)/Dispatch Mission Seagull Soldier》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
アクアフォース - ハイビースト パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1) 連波-4回目以降(各ターンの指定されたバトルで有効):このユニットが【ブースト】したバトルの終了時、このユニットを手札に戻す。
【自】:[【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、他のあなたのユニットを1枚まで選び、そのターン中、パワー+3000。

 連波の指揮官で収録されたグレード1のアクアフォース

 ジェネレーションブレイク(1)は、ブーストしたバトルの終了時に自身を手札に戻す連波-4回目以降。

 《ストリーム・トルーパー》と同様にブースト役として使った後に手札に戻すことができるが、連波による制限から4回目以降のバトルでしか能力誘発しない。
 しかし誘発ヒットを必要しないことやグレード1として十分なパワーを持つことによる利点は大きい。
 このカードのもう1つの能力の再利用も狙うことができる。

 リアガードサークル登場した時の能力は、ソウルブラスト(1)で他のユニット1枚までにパワー+3000を与えるというもの。

 単独でアタックを行う機会が少なくない【アクアフォース】においては、それぞれのユニットブーストなしでもパワー11000のユニットヒットが狙えるだけのパワーに引き上げられるかが重要視されやすい。
 コストソウルブラストなので使える回数が限られることを考慮しても、パワー+3000の増加はありがたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

本部からの伝令を主任務とする“アクアフォース”の二等兵。
飛行速度に優れた者が選ばれる伝令部隊のミッションは、伝令文書を確実に届け、そして生きて帰還することである。
伝令部隊にはそれぞれ特殊な光学方位磁針が支給される。
方位の確認の他、サーチライト代わりに信号のやり取り、緊急時には強い閃光による攻撃も可能な代物。
速度を維持するため重装備ができない彼らにとっては、文字通り命綱ともなる必携アイテムになっている。
過酷な戦場を飛び回る彼らは、見た目は可愛らしくとも、確かにプロフェッショナルなのだ。

FAQ 節を編集

  • Q1654 (2015-10-22)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1677 (2015-10-22)
    Q. 連波(ウェーブ)とは何ですか?
    A. そのターン中に発生したバトルの回数を参照して発動する能力です。例えば「3回目のみ」はそのターン中3回目のバトル中であれば発動し、「4回目以降」であれば4回目のバトルも含めてそれ以降のバトルであれば発動します。

収録情報 節を編集

クランブースター連波の指揮官G-CB02/031 C イラスト/獣道はーい、伝令でーす! 帰りまーす!