無法怪神(むほうかいじん) オブティランドス/Lawless Mutant Deity, Obtirandus》 [編集]

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
メガコロニー - インセクト パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(2),手札から1枚選び、捨てる] 次の相手のターンの終了時まで、相手は自分のユニットを(R)にコールできない。(スペリオルコールもできない)

 The GENIUS STRATEGYで収録されたメガコロニーGユニット

 カウンターブラスト(2)と手札1枚のドロップで、次の相手ターンの終了時まで、相手カードリアガードサークルコールできなくなるジェネレーションブレイク(2)の起動能力を持つ。

 次の相手ターンの終了時まで相手カードリアガードサークルへのコールを封じるため、《魅了怪人 スイートカクテル》等の能力ユニットの重複処理前提のコールでの対処を許さず、バトルフェイズ中のスペリオルコールを利用した疑似スタンドも封じる事ができる。
 その他にも、間接的にインターセプト等のガーディアンサークルへの移動を牽制したり、スペリオルコールリアガードの枚数を揃えた後に時限誘発を利用することで相手ターンにはそのリアガードを残さないという戦術の対策もできる。

 難点は、単体で使用してもコスト相応の働きをするかは相手デッキに大きく依存してしまうことである。
 そのため、なるべくスタンド封じ能力等と組み合わせて使用したいところである。
 どの軸でもスタンド封じ能力の殆どはコストが競合するので、コストが不要な《斬空裂将 スペリオルマンティス》《ヴァルガー・ブリスター》と組み合わせるのが良いだろう。

 ただ、【マシニング】の場合、構築上の制限の都合でこのカードと併用できるスタンド封じの手段が限られやすい点の他、コストGゾーンの裏のカードを表にしないことで《弾圧怪神 マシニング・デスポット》で要求されるGゾーンの表の「マシニング」を含むカードの枚数稼ぎに貢献できないという点も忘れてはいけない。

 一応、前列に置かれているスタンドを封じられていないリアガードアタックすれば、相手は次のターンバトル回数を維持するため為にガードすることが予想できるので、敢えて相手リアガードアタックしてみるのも有効ではある。

  • 「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」では第18話で羽島リンとファイトしていたファイターがこのカードを使用している。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

  • モチーフは、アフリカ最大のクワガタである「タランドゥスオオツヤクワガタ」だろう。漆を塗ったように見えるほどの艶が特徴的。
    • 「オブティランドス(Obtirandus)」とは、「強いる」という意味の英単語「obtrude」と、モチーフの「tarandus(タランドゥス)」を組み合わせた造語だと思われる。

FAQ [編集]

  • Q1718 (2016-07-21)
    Q. スペリオルコールを含む能力は、使うことができなくなるのですか?
    A. いいえ違います。能力を使うことはできますが、それに含まれるコールは実行させません。その他の部分は実行されます。
  • Q1720 (2016-07-21)
    Q. 下の能力を使った場合「リアガードサークルにコールする」のような強制効果でも相手はコールできませんか?
    A. はい、できません。

収録情報 [編集]

テクニカルブースターThe GENIUS STRATEGYG-TCB02/002 GR イラスト/lack足掻くな。見苦しい。
G-TCB02/002 SGR イラスト/lack(※なし)