【ブラスター・ブレード】 節を編集

概要 節を編集

 「ブラスター・ブレード」やそのサポートカードを主軸として利用する【ロイヤルパラディン】

 リアガードの強化を行う各種「セイバー」のGユニットを如何に使い分けるかが勝負のカギとなる。

構築について 節を編集

―キーカード

-超越スキル

-Gガーディアン

-「ブラスター」のグレード3

-「ブラスター」以外のグレード3

-「ブラスター」のグレード2

-「ブラスター」以外のグレード2

-「ブラスター」のグレード1

-「ブラスター」以外のグレード1

-グレード0

大まかなタイプ別構築について 節を編集

派生軸 節を編集

他のデッキとの比較 節を編集

 他の【ロイヤルパラディン】と比べるとリアガードの強化に関してパワーの増加という面では、特定のタイミングまでにフィールドに置かれていたリアガードしかパワーの増加を受けられないものが多く、スペリオルコールによる疑似スタンドを狙うだけであれば、永続能力によるそれなりの数値のパワーの増加が行える【アルトマイル】【サンクチュアリガード】等に見劣りしやすい。

 その為、それらのデッキで利用できない《聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー》を利用した「ブラスター・ブレード」のリアガードによるツインドライブ!!を積極的に狙っていきたい。
 そのためには、「ブラスター・ブレード」のカード手札に加える必要があるが、それらのカードスペリオルコールの他、《ブラスター・ブレード・エクシード》《ういんがる・ぶれいぶ》等で手札に加えることもできるので、山札にありさえすれば容易く確保でき、都合上グレード3の「ブラスター・ブレード」のカードも採用しやすいのであちらよりかは「ブラスター・ブレード」のカード山札から枯渇しにくくできる。

 サポートカードの要件の関係から【アルフレッド】と動きが重複する部分はあるものの、「ブラスター」専用のサポートには《ブラスターフレンド ばーくがる》カウンターチャージ《ういんがる・ぶれいぶ》によるライド事故の回避など、あちらには無い要素が多く、こちらの方が全体的に強めではあるが、あちらは解呪を行う手段があるのでこちらが苦手とする【リンクジョーカー】に対しては見劣りする。

このデッキの弱点 節を編集

 まず、他の【ロイヤルパラディン】と同様にダメージゾーンの表のカードの消費がかなり激しく、そのリソースが枯渇しやすい。
 一度に消費する量自体は少ない場合が多いものの、特性上連鎖的にカウンターブラストを支払うことが多いのでカウンターチャージ手段は多少多目に用意しておきたい。
 幸い、山札から《ブラスター・ブレード》コールしやすくする手段が多いので、《ブラスターフレンド ばーくがる》は機能しやすく、そちらも《神聖竜 レジットソード・ドラゴン》《スターホープ・トランペッター》《小さな軍師 マロン》といったサポートカードで確保できる。
 裏を返せば《ブラスターフレンド ばーくがる》を処理されたり、《ブラスター・ブレード》リアガードサークルへのコールが途切れるとリソースの確保が難しくなりやすい。

 次に、戦術の殆どがリアガードの強化に依存していることが挙げられる。
 特に【リンクジョーカー】が得意とする呪縛には滅法弱い。
 幸い、グレード2をスペリオルコールする手段は多いので、ピンポイントな対策にはなるが《アースエレメンタル ポックル》を採用することである程度はカバーできる。

 他にもメインのフィニッシャー候補となる《聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー》能力を与えたユニット《炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン》等で処理されると多大なディスアドバンテージを負ううえ、それらは奇襲性が高いものもあり【かげろう】等に利用するのは難しく、苦手としている。

 また、他の【ロイヤルパラディン】と同様にスペリオルコールの多用の他、《聖騎士王 アルフレッド・ホーリーセイバー》の利用による山札に過剰消費によるデッキアウトには多少の注意が必要となる。
 デッキアウトとまでは行かなくても「ブラスター・ブレード」のカード等の山札から探したいカードが枯渇しやすくなるので、安定した運用を望む場合は様々なカードを少量採用するよりも必要なカードを絞って採用する方が良いだろう。

関連リンク 節を編集