孤高(ここう)騎士(きし) ガンスロッド/Solitary Knight, Gancelot》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ロイヤルパラディン - エルフ パワー9000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2)] あなたのソウルに「ブラスター・ブレード」があるなら、そのターン中、このユニットのパワー+5000/クリティカル+1。
【起】【手札】:[このカードを相手に見せ、山札の上に置く] あなたの山札から「ブラスター・ブレード」を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

 聖域の光剣士で収録されたグレード3のロイヤルパラディン

 1つ目の能力パワーだけでなくクリティカルもプラスでき、非常に強力なアタックを仕掛けることができる。
 2ダメージでも相当なアドバンテージだが、ドライブチェッククリティカルトリガーが出れば正真正銘致命的なダメージを与えられる。
 相手シールドを最大限に使ってガードしてくるだろうが、ダメージゾーンの少ない段階からでもガードを強要することで相手手札を消耗させ、アドバンテージを得ることができる。
 パワー+5000を得られるため、相手パワーに応じて適度なブーストを与えておけばよい。

 また、起動能力であるため、コストが払えるなら同一ターンに2回使用することができる。
 最低クリティカル3という脅威はもちろん、十分なブーストを受けていれば少なくともパワー25000ラインに達し、トリガー効果を考慮するとシールド20000、つまり最低でもガーディアンを2枚を使ってガードしなければならない。
 これだけの数値になれば相手ガードし切れない状況も有り得ない話ではなく、仮にヒットすればほぼ勝ったも同然だろう。
 ただし、守護者の他、《星空の解放者 ギネヴィア》《星輝兵 ターンダウン・ドラゴン》等に対しては手札2枚以下の消費であっさり防がれてしまう場合もあり、相手手札が完全に把握できない状況下では、《ぱっくがる》等でサポートするにしても多重使用は博打にならざるを得ない。

 そして、「あなたソウルに「《ブラスター・ブレード》」があるなら」という要件もなかなか厄介。
 《ブラスター・ブレード》を4枚投入した上でこのカードの2つ目の能力も併用すれば確率は高められるが、それでも要件を満たせないままライドすることになる危険性はある程度存在する。
 そうするとパワー9000のバニラとなってしまい、ライドし直す選択肢を考慮してもディスアドバンテージが大きい。
 ライド以外で《ブラスター・ブレード》ソウルインする方法も限られており、パワーの低さに加えてこのように不安定な側面が目立つのがこのカードの欠点であると言える。

 2つ目の能力は、純粋な1:1交換であるため扱いやすく、主にこちらの能力を使っていくことになるだろう。
 《ブラスター・ブレード》を実質最大8枚までデッキに入れた状態にでき、手札に加わる確率をかなり高められるので、《ブラスター・ブレード》を採用していて、グレード3の採用枠に余裕のあるデッキには是非採用したい。
 また、グレード2のカードに換えられるということは、シールドがないというグレード3の弱点を補えるということでもある。
 リアガードとして使う場合も、同じパワーインターセプトを持つ《ブラスター・ブレード》の方が優秀なので、余ったら積極的に換えてしまいたい。
 山札《ブラスター・ブレード》がいなくなってしまった場合は、ノーマル超越等の手札コストにしてしまえば無駄がない。

  • 騎士王降臨においてRR/SPという比較的高レアリティで収録されているが、先がけて発売された聖域の光剣士には2枚収録されていた。そのためガッカリレア、ハズレカードと揶揄される事が多い。とはいえ、騎士王降臨封入版はRR/SPだけある。鎧の紋章・ライン部分や馬の武具に至るまで細かくキラ抜き加工されており、光をあてると抜き加工されている部分が美しく光る。低レートで取引されているカードではあるものの、萩谷薫氏のイラストと繊細なキラ加工が合わさり、コレクターアイテムとしては悪くない仕上がりになっている。騎士王降臨発売直後から、熾烈な最低価格RR/SP争いを繰り広げハズレRR/SP御三家の一角を担う一方、自身が属するロイヤルパラディンのサポートカードには恵まれており他のカードとシナジーを形成している事、また下記の通りアニメでの出番もある事もあり、カードとしては全く使えないわけではない。パワークリティカルを増やす1つ目の能力よりも《ブラスター・ブレード》手札に加える2つ目の能力が有用という事から遊戯王OCGからなぞらえて「魔法カード」と揶揄される事もあるものの、それも重要な使い方であり、価格が安い=使えないという訳ではない事を身をもって証明している。
  • 3DS版「ライド トゥ ビクトリー」では、先導アイチやミルキィホームズのシャロがこのカードを使用する事がある。
    • シャロのライド時の台詞は「探偵として負けるわけにはいきません!」
  • 初期のTVCMにおいてDAIGOが「なんすかそのレアカード!?」と驚いているのもこのカード。現実やアニメでの扱いを踏まえると相当シュールな光景である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

エルフの王族と人間の騎士との間に生まれた禁忌の子。
人を寄せ付けない空気をまとうために誤解を受けがちだが、騎士王への忠誠心は本物である。
どんな危険な戦場でも、ただ一人で切り込むその姿から、いつしか畏怖と称賛を込めて「孤高の騎士」と謳われるようになる。

FAQ 節を編集

  • Q44 (2011-03-12)
    Q. 2つ目の能力で、このカードを山札の上に置くのは、「ブラスター・ブレード」を探して、山札をシャッフルした後ですか?
    A. いいえ、先に置かれます。
  • Q50 (2011-08-22)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も行いません。手札に何も加えず、ライドをせず、次に書かれていることを行います。この場合、山札を見たので、山札をシャッフルします。
  • Q65 (2011-12-03)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ聖域の光剣士TD01/003 イラスト/萩谷薫気高き誇りの白き翼。孤高の騎士は、勇気を受け継ぐ。
ブースターパック騎士王降臨BT01/010 RR イラスト/萩谷薫気高き誇りの白き翼。孤高の騎士は、戦場に舞う。
BT01/S08 SP イラスト/萩谷薫気高き誇りの白き翼。孤高の騎士は、戦場に舞う。
はじめようセットはじめようセット ブルーTD01/003 イラスト/萩谷薫気高き誇りの白き翼。孤高の騎士は、勇気を受け継ぐ。
付属デッキ「0オリジナル構築済みロイヤルパラディンデッキ」VZ/004 イラスト/萩谷薫気高き誇りの白き翼。孤高の騎士は、勇気を受け継ぐ。