闘撃刀神(とうげきとうしん) トヨクニヌシ/Fighting Strike Sword Deity, Toyokuninushi》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
オラクルシンクタンク - ノーブル パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)/(R)】【Gブレイク】(1):このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+4000。
【永】【(R)】神託(あなたの手札が5枚以上で有効):このユニットは、『インターセプト』【自】:このユニットがインターセプトした時、そのバトル中、このユニットのシールド+5000。』を得る。

 俺達!!!トリニティドラゴンで収録されたグレード3のオラクルシンクタンク

 1つ目の能力は、《熟達の騎士 グレヌス》と同様の自動能力

 同様にパワー9000以上のユニットブーストすることで、コスト無しでパワー23000ラインを形成できるが、オラクルシンクタンクにはパワー9000でブーストできるカードがかなり限定されているので、基本的に単独でもパワー13000のヴァンガードアタックできる程度に考えておきたい。
 《破龍戦神 カムスサノオ》が得る永続能力等を利用すれば単独でパワー16000となり、パワー5000以上のユニットブーストをすればパワー23000ラインとなるので、積極的に併用したい。

 とはいえ、《戦巫女 サラサ》コスト無しで単独パワー18000となるので、永続能力で差別化したい。

 2つ目の能力は、『インターセプト』と『インターセプトした時にシールド+5000を得る自動能力』を得る神託永続能力

 一般的なグレード2のリアガード同様にシールド5000のインターセプトを行える。

 多少は手札の消費を抑えることができるので、《荒神の霊剣 スサノオ》《プレシャス・オフィディアン》等の神託を利用するための手札を温存させやすい。

 ただし、相手バトルフェイズの開始時の時点で神託が有効となっていても、そのターンガードステップ時にノーマルコールGユニットスペリオルコールを行って手札が減ることで使えなくなる可能性がある点に注意しておきたい。
 利用する際には、ノーマルコールGユニットスペリオルコール等と併用する場合でも、このカードを早目にインターセプトしておき、そのリスクを減らすようにしておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • モデルとなっているのは、日本神話に於ける神代七代の一柱「豊国主尊(トヨクニヌシノミコト)」である。

FAQ 節を編集

  • Q3009 (2017-01-12)
    Q. 自動や起動の神託能力を解決したあと、手札が4枚以下になった場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、特に記述されていない限り失われません。自動であれば誘発時、起動であればコストを支払う段階で手札が5枚以上あるなら、その後に手札が4枚以下になってもその効果が失われることはありません。

収録情報 節を編集

キャラクターブースター俺達!!!トリニティドラゴンG-CHB02/043 C イラスト/タダその諸刃は、打ち倒す力と守り通す力を備えている。