《プレシャス・オフィディアン/Precious Ophidian》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
オラクルシンクタンク - ハイビースト パワー6000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】【Gブレイク】(1) 神託(あなたの手札が5枚以上で有効):[このユニットを退却させる] あなたのライドフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、あなたは次の【超越】のコストを払わずに【超越】できる。
【自】:[【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたの神託能力を持つヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、1枚引く。

 俺達!!!トリニティドラゴンで収録されたグレード1のオラクルシンクタンク

 1つ目の能力は、ライドフェイズ開始時に自身を退却させることで、次の超越スキルコストを払わずにGユニット超越できるジェネレーションブレイク(1)と神託自動能力

 神託を有効にする手間や要領に関しては誘発タイミングが共通する《荒神の霊剣 スサノオ》と同様なのでそちらを参照。

 事前にこのカードリアガードサークルに置いておく必要があるが、手札を使わずにGユニット超越できる。
 《神剣 アメノムラクモ》と比べると多少の不安定さはあるものの、ドライブチェックを行う前に利用したい神託能力の補助が行える。

 このカード元々のパワーが低いので単純により強力なリアガードと交代するのも良いが、2枚目以降の《プレシャス・オフィディアン》をコールするのも良いだろう。

 2つ目の能力は、リアガードサークル登場した時に神託能力を持つヴァンガードがいるならソウルブラスト(1)で1枚ドローする自動能力

 誘発条件効果が共通する《ラック・バード》と比べると、要件で要求されるのが神託能力を持つヴァンガードと厳しめだが、少ないコストドローでき、ユニットとしてもパワー6000とやや優秀な性能となっている。
 神託能力を利用する上では手札の枚数を維持した上でリアガードの枚数を揃えられる利点は大きく、《サイキック・バード》等を利用すれば、2ターン目の時点で利用することも現実味がある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2050 (2017-01-12)
    Q. 自動や起動の神託能力を解決したあと、手札が4枚以下になった場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、特に記述されていない限り失われません。自動であれば誘発時、起動であればコストを支払う段階で手札が5枚以上あるなら、その後に手札が4枚以下になってもその効果が失われることはありません。
  • Q2051 (2017-01-12)
    Q. 神託能力を持つユニットは、手札が4枚以下でも「神託能力を持つユニット」ですか?
    A. はい。有効になっていない状態でも、それは依然として神託能力を持ったカードです。
  • Q3971 (2018-10-05)
    Q. 「リジッド・クレイン」がヴァンガードとして存在しています。「リジッド・クレイン」の永続能力は有効ではありませんが、このユニットの“あなたの神託能力を持つヴァンガードがいるなら”という要件を満たすことは可能ですか?
    A. はい、要件を満たすことは可能です。永続能力は有効ではありませんが、「リジッド・クレイン」は『神託』を持つユニットです。ヴァンガードとして存在しているのであれば、神託能力を持つヴァンガードとして参照することは可能です。

収録情報 節を編集

キャラクターブースター俺達!!!トリニティドラゴンG-CHB02/026 R イラスト/TODEE白蛇は明るい未来を垣間見せる。