《アウトレイジ・ラインバック/Outrage Lineback》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
スパイクブラザーズ - ジャイアント パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】:突撃(効果で(R)に登場したターン中、突撃状態にしてよい。そうしたら、参加したバトル終了時に山札の下に置く)
【自】【(V)/(R)】【Gブレイク】(1):このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+4000。
【自】【(R)】:[このユニットをソウルに置く] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、このユニットが突撃状態なら、コストを払ってよい。払ったら、あなたの手札から1枚選び、ユニットのいない(R)にコールしてよい。

 天舞竜神で収録されたグレード3のスパイクブラザーズ

 突撃状態にしておく必要があり、ヒットさせる対象がヴァンガードに限定された分、アタック時のパワーが高い《スカイダイバー》といったカード

 2つ目の自動能力によって対ヴァンガード限定で単体パワー14000になれるのでクロスライド等のパワー12000以上のヴァンガードに対してでも単体でアタックヒットを狙いにいける。
 パワー7000以上のユニット《恐怖政治 テルミドール》等でこのカードブーストすることでパワー21000ラインを超えられることはこのカードの利点となる。

 ただし、突撃状態にしておく手間がかかるため、《スカイダイバー》と違い他のカードによるサポートが必須であり、突撃状態にするために山札からスペリオルコールするならこのカード以外をスペリオルコールするという選択肢もある。
 例えば、ガード強要力のあるカードなら《コバルト・インパルス》が、バトルの回数を増やす役目ならアタックヒットさせる必要のない《ハイブ・メイカー》が選択肢だろう。
 ブースト込みのアタックで考えるなら突撃状態にする必要のない《ウインクキラー・ミザリー》も比較対象といえるだろう。

 これらと違い、カウンターブラストを使うことなく、自身をソウルに置くことでユニットのいないリアガードサークルを作れることで差別化できる。

 《大英雄 ライジング・スーパーノヴァ》とは相性がよく、無理なく突撃状態にできる上に追加効果パワー増加効果も活かしやすい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2806 (2016-11-10)
    Q. 突撃状態のユニットが、参加したバトル中に手札等に移動した場合、そのカードはバトル終了時に山札の下に置かれますか?
    A. いいえ、置かれません。
  • Q2807 (2016-11-10)
    Q. カードの効果であれば、手札からのコールでも突撃状態にできますか?
    A. はい、できます。それがカードの効果によるものであれば、どの領域からコールされても突撃状態にできます。
  • Q2808 (2016-11-10)
    Q. なんらかの効果で相手のターン中に突撃状態になった場合、アタックされたバトルの終了時に、突撃状態にユニットが【リアガードサークル】にいるなら山札の下に置かれますか?
    A. はい、置かれます。アタックされたバトルも、参加したバトルに含まれます。

収録情報 節を編集

ブースターパック天舞竜神G-BT09/077 C イラスト/LQH味方でも、彼の守るゴールに近づいてはならない。