煌牙(こうが)黄金騎士(おうごんきし) ガルモール/Golden Knight of Gleaming Fang, Garmore》 [編集]

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ゴールドパラディン - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(2):[あなたのドロップゾーンから1枚選び、山札の下に置く] あなたの山札の上から6枚公開し、あなたのユニットを公開された〈ハイビースト〉と同じ枚数選び、そのターン中、パワー+4000し、4枚以上選んだら、このユニットのクリティカル+1。山札をシャッフルする。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] あなたの「ガルモール」を含むハーツカードがあるなら、山札の上から3枚見て、1枚を(R)にコールし、山札をシャッフルする。
【永】:このカードは《ロイヤルパラディン》にも属する。

 剣牙激闘で収録されたゴールドパラディンGユニット

 1つ目の能力は、1ターンに1回、ドロップゾーンから1枚をデッキボトムに置くことで、デッキトップから6枚を公開し、ユニット公開された〈ハイビースト〉と同じ枚数選び、パワー+4000を与え、4枚以上選んだら、クリティカル+1を得るジェネレーションブレイク(2)の起動能力

 使えるタイミングが少し遅く、パワー増加能力としてはやや不安定だが、デッキトップ6枚から公開した〈ハイビースト〉と同じ枚数のユニット目標としてパワーを与えることができる。

 4枚以上選んだ場合の追加効果クリティカル増加まで狙う場合、このカード以外にユニットを3枚以上並べた上で〈ハイビースト〉を4枚以上公開することが必要となる。
 狙うにはメインデッキをある程度〈ハイビースト〉で固めておく必要があるが、手軽にパワークリティカルの増加を行える優秀な能力である。

 2つ目の能力は、カウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)で、「ガルモール」のハーツカードがあるなら、デッキトップ3枚から1枚をスペリオルコールする起動能力

 「ガルモール」のカードハーツ化が必須となるが、1つ目の能力の下準備として、山札からハイビーストでないカードを減らしつつ、リアガードの調達を行える。
 特に【光の牙 ガルモール】ではGゾーンに表のカードが無くてもスペリオルコールを行えるGユニットは貴重な存在といえる。

 回数制限はないためコストの続く限りスペリオルコールを行うことができる。
 ただし、【ゴールドパラディン】の場合はGゾーンに表のカードがある場合は《黄金竜 スピアクロス・ドラゴン》に劣るので、1つ目の能力で差別化を図りたい。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

数多くの英雄が生まれた「騎士王アルフレッド」の代における伝説の騎士の1人。彼のエピソードで特に有名なものは、伝説のハイビースト「銀狼」の力を受け継いだこと。そして、救国の英雄「エイゼル」と共に、封印された「ブラスター・ブレード」の解放に尽力したことの2点だろう。「解放戦争」について記された書物でも、彼の名の多さはエイゼルに引けを取らない。国の防衛に徹していた「星輝大戦(インベイション・グレイトウォー)」以降は長く大きな戦が無い平和な時代が続いたため、しばらく名が挙がらなかったものの、晩年は多くのハイビーストの保護と、後進の育成に心血を注いだと残されている。一戦を退いてからも国に貢献し続けた伝説の騎士。彼の名は騎士としてだけではなく、さまざまな形で聖域の各所に残されている。

FAQ [編集]

該当するQ&Aはありません

収録情報 [編集]

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/004 RRR イラスト/DaisukeIzuka牙よ、究極まで高まれ! 煌牙真烈哮(クリスター・エクスブレイブ)
G-BT10/S02 SP イラスト/DaisukeIzuka(※なし)