雷龍騎士(らいりゅうきし) ゾラス/Lightning Dragon Knight, Zorras》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
なるかみ - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させ、あなたは相手のドロップゾーンから2枚まで選び、表でバインドする。

 風華天翔で収録されたなるかみGユニット

 ヴァンガードヒットした時に相手リアガード1枚を退却させ、相手ドロップゾーンから2枚までを表でバインドする自動能力を持つ。

 《時空竜 ロストエイジ・ドラゴン》《神龍騎士 マフムード》等と比べると効果の対象となり相手リアガードを選べないのは少なからず劣る点ではある。
 このカード相手ドロップゾーンからのバインドによって、シークメイトを始めとするドロップゾーンに関わる能力の阻害が行えることは相手デッキ次第ではそれ以上のリターンになり得る。

 現在のところ、この効果バインドゾーンに置かれたカード相手が能動的に利用する手段は限られてくる。
 再利用を封じるという点では《時空竜 ロストエイジ・ドラゴン》《神龍騎士 マフムード》を大きく上回る、絶対的な効力を持っている。

 また、効果によるバインドを行うことで、《デザートガンナー ショウラン》等の自動能力誘発雷激要件を満たすことに繋がる利点もある。

 相手バインドゾーンが増えることによって抱えるリスクについては、《破壊竜 ダークレックス》《バルーン・ラクーン》等のバインドゾーンで発揮する能力を持つカードに関しては効果対象に選ばなければよい。
 そのため、実質的には《征天魔竜 ダンガリー “Unlimited”》《戦場の歌姫 クロリス》自動能力の能率を高めてしまう程度に限られる。
 どうしてもそれが気になるようであれば、バインドを行わないというのも一つの手段といえる。

 また、2枚目以降の超越で複数枚のユニットパワーを大幅に増加させる《征天覇竜 コンクエスト・ドラゴン》《征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー“VOLTAGE”》が控えている事も加味すれば、ガード強要力は凄まじく高いといえるだろう。

  • 超越時の台詞は「ジェネレーションゾーン、解放!」「刹那の出会い、奇跡と変われ! ストライドジェネレーション! 《雷龍騎士 ゾラス》!」
  • アタック時の台詞は「轟け雷鳴、爆ぜろ爆雷! 空を翔る龍の稲妻! ライトニング・ドラゴンクラッシュ!!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1150 (2015-02-19)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1177 (2015-02-19)
    Q. この能力で、相手は抵抗を持つユニットを選べますか?
    A. いいえ、選べません。ユニットを選ぶのが相手であっても、カードの効果はあなたの効果なので、相手は抵抗を持つカードを選ぶことができません。

収録情報 節を編集

ブースターパック風華天翔G-BT02/023 R イラスト/萩谷薫ま、ちーっと焦げ臭くなるが、我慢しな。