絶壁権臣(ぜっぺきけんしん) ブロッケイドガンガー/Cliff Authority Retainer, Blockade Ganga》 節を編集

Gユニット  〈4〉
たちかぜ - ディノドラゴン パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンに表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
【自】:[あなたのリアガードを1枚選び、退却させる] このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのシールド+10000。あなたのリアガードを2枚まで選び、そのターン中、【自】:このユニットが退却した時、このカードを手札に戻す。』を与える。

 剣牙激闘で収録されたたちかぜGユニット

 ガーディアンサークル登場した時にリアガード1枚の退却で、シールド+10000を得て、リアガード2枚までに『退却した時に自身を手札に戻す自動能力』を与える。

 コストリアガード1枚を退却させる必要があるものの、インターセプト等の移動手段を持たないリアガードを利用することで無駄なくシールドを稼げる。
 《翼竜 スカイプテラ》《輸送竜 ブラキオポーター》等を退却させれば、追加のシールドの確保も狙える。

 また、リアガード2枚までに要件コストなしで使える《翼竜 スカイプテラ》のような能力を与えることができ、こちらはインターセプト等でガーディアンサークル移動してそこから退却した場合にも誘発条件を満たすことができる。
 インターセプト等でガーディアンサークル移動が可能なリアガードに与えておき、ガーディアンサークルから退却した後に再び手札に加えることでシールド稼ぎの用途にも使える。
 《フルファイアエルク》との組み合わせなら、《狂帝竜 ガイアデスパラード》《帝竜 ガイアエンペラー》永続能力を守りに活用するといったことも可能となる。

 《翼竜 スカイプテラ》と同様に相手カード効果バトルによる退却の対抗手段としても利用できる利点があるが、誘発条件を満たしてたとしても《雷龍騎士 ゾラス》《ボルテージホーン・ドラゴン》等によって解決前にドロップゾーンから離れさせられると効果が不発となってしまうという同様の欠点がある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

  • 「ブロッケイド(Blockade)」に関しては「ブロケード」を参照。

FAQ 節を編集

  • Q2127 (2017-02-02)
    Q. このカードで能力を付与したリアガードがインターセプトした後、ガーディアンサークルから退却しても手札に戻せるのですか?
    A. はい、戻せます。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/014 RR イラスト/いけだ総軍を守る、巨躯の大楯。