帝竜(ていりゅう) ガイアエンペラー/Emperor Dragon, Gaia Emperor》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)/(R)】:暴喰(アタック時、他のあなたのリアガードを1枚以上退却させてよい。退却させたら、そのターン中、暴喰状態になる)
【永】【(V)】【Gブレイク】(2):このユニットが暴喰状態なら、このユニットのパワー+5000/クリティカル+1。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの手札から2枚まで選び、別々の(R)にコールし、あなたのリアガードを2枚まで選び、そのターン中、【自】:あなたのターン中、このユニットが(R)から退却した時、このカードを(R)にコールする。』を与える。

 The RECKLESS RAMPAGEで収録されたグレード3のたちかぜ

 ジェネレーションブレイク(2)は、自身が暴喰状態ならパワー+5000/クリティカル+1を得る永続能力

 クリティカルの増加は単純に強力ではあるが使えるタイミングが遅いことに加え、暴喰状態となるために自身の暴喰能力リアガードを1枚以上退却させる必要がある。
 それらの制限付きでクリティカル+1と共に得られる数値がパワー+5000、単体だとパワー16000止まりとなる。
 使えるタイミングの遅さを考慮するとブースト《シーラマグナム》等の他のカード効果を駆使してパワー26000ライン以上にしておくのが望ましく、少なくともパワー21000ラインは超えておきたい。

 少し変わった使い方として、《フルファイアエルク》能力を利用して相手ターンで有効にして防御に活かすというものがある。
 如何にして相手ターン中に《フルファイアエルク》リアガードサークルから退却させるかが問題となるが、《絶壁権臣 ブロッケイドガンガー》コストを利用することができれば相手に依存することなくクリアできる。

 ストライドスキルは、Gユニット超越した時にカウンターブラスト(1)で手札から2枚までをスペリオルコールし、リアガード2枚までに『リアガードサークルからドロップゾーンに置かれた時に自身をスペリオルコールする自動能力』を与える自動能力

 《破壊暴君 アークレイダー》《刃竜 ジグソーザウルス》等のリアガード退却を1枚単位で要求するカードを複数枚利用する場合でも、カウンターブラスト(1)で2枚分までのディスアドバンテージを相殺しつつ疑似スタンドにまで繋げられる。
 単純にコスト効果で大量のリアガード退却させてしまう《絶対王者 グラトニードグマ》《破壊暴君 ツインテンペスト》の補助要員として優秀な能力である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

帝国の陸上強襲部隊“たちかぜ”の戦士。歴戦の――というにはまだ若いが、ドラゴンエンパイア最大級の攻城戦車「撃神」が暴走した事件の折、たった1頭で動力炉の破壊を行った功績を讃えられ、陸の帝王「帝竜」の名を賜った勇気あるディノドラゴン。遺伝子操作によって誕生した新世代で、従来の種に比べて機械部位と生体部位の親和性が向上しており、身体能力に至っては少なくとも倍以上の数値を叩き出している。加えて、体内外にも多数の兵器を完備。強靭な四肢をフル活用して繰り出される突進が決まってからの、頭部キャノンによる無慈悲なゼロ距離砲撃は、2層3層に組み敷かれた結界すら数発で打ち破るという。なお、“スパイクブラザーズ”との交流試合には実弾兵器をすべて取り外した状態で臨んでおり、本来の力を発揮したとは言い難いことをここに追記しておく。

  • スパイクブラザーズの非道を世に知らしめるという名目で各国の代表で連合チームを組んだ際にドラゴンエンパイアの代表として《夜霧の忍鬼 ミヤビ》と共に参戦した。といっても本人は大義名分に興味は無く、単純に力試しを目的としていた。ちなみにこの際、全ての武装を取り外している。
    • 四足歩行ということもあり、明らかにギャロウズボールに向いた外見ではないが、角でボールを突きながら他の国家の選手とスポーツを楽しんでいた。最終的に《逸材 ライジング・ノヴァ》に倒された。
      ドラゴンエンパイアの正規軍人かつ名の知れた人物であるため、連合チームのメンバー選出基準を考えると、彼の参加には立場上の問題があるはずである。
      もっとも、あくまで個人的な目的での参加であるため大丈夫なのかもしれないが。

FAQ 節を編集

  • Q1850 (2016-01-21)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1852 (2016-01-21)
    Q. 暴喰の効果で【ブースト】しているユニットを退却させた場合、【ブースト】で得たパワーはどうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中に退却した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。
  • Q1853 (2016-01-21)
    Q. 暴喰状態のこのユニットが複数回アタックし、そのたびに暴喰でユニットを退却させた場合、「このターンにこのユニットの暴喰能力の効果で退却させたユニット」の枚数は合計されますか?
    A. はい、合計されます。
  • Q1854 (2016-01-21)
    Q. 暴喰状態のユニットが、もう一度アタックした時、暴喰でまたリアガードを退却させることはできますか?
    A. はい、できます。ただし、すでに暴喰状態である場合、暴喰状態から暴喰状態になることは無いので、「暴喰状態になった時」のような能力がもう一度発動することはありません。
  • Q1855 (2016-01-21)
    Q. この効果で得た能力でドロップゾーンからコールされたユニットは、もう一度ドロップゾーンに置かれた時にまたコールできるのですか?
    A. できません。一度ドロップゾーンに置かれた時点で、その時に得ていた能力やパワー修正などは失われます。
  • Q3036 (2017-02-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3069 (2017-02-02)
    Q. この効果で得た能力でドロップゾーンからコールされたユニットは、もう一度ドロップゾーンに置かれた時にまたコールできるのですか?
    A. できません。一度ドロップゾーンに置かれた時点で、その時に得ていた能力やパワー修正などは失われます。
  • Q3115 (2017-02-02)
    Q. 暴喰状態のユニットが、もう一度アタックした時、暴喰でまたリアガードを退却させることはできますか?
    A. はい、できます。ただし、すでに暴喰状態である場合、暴喰状態から暴喰状態になることは無いので、「暴喰状態になった時」のような能力がもう一度発動することはありません。
  • Q3116 (2017-02-02)
    Q. 暴喰状態のユニットが複数回アタックし、そのたびに暴喰でユニットを退却させた場合、「このターンにこのユニットの暴喰能力の効果で退却させたユニット」の枚数は合計されますか?
    A. はい、合計されます。
  • Q3117 (2017-02-02)
    Q. 暴喰の効果で【ブースト】しているユニットを退却させた場合、【ブースト】で得たパワーはどうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中に退却した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。

収録情報 節を編集

テクニカルブースターThe RECKLESS RAMPAGEG-TCB01/007 RRR イラスト/lack機能性は、ある種の美を創り出す。
G-TCB01/S04 SP イラスト/lack(※なし)
ブースターパック剣牙激闘G-BT10/S13 SP イラスト/lack(※なし)