創世竜(そうせいりゅう) トランスエルス・メサイア/Genesis Dragon, Trans-else Messiah》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
リンクジョーカー - メサイア パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(1),Gゾーンから裏の「創世竜 トランスエルス・メサイア」を1枚選び、表にする] このユニットが(V)に登場した時、あなたの「メサイア」を含むハーツカードがあるなら、コストを払ってよい。払ったら、すべてのファイターのリアガードすべてを呪縛し、この効果で呪縛されたカード以外の呪縛カードすべてを解呪する。

 ファイターズコレクション2016で収録されたリンクジョーカーGユニット

 ジェネレーションブレイク(2)は、ヴァンガードサークル登場した時に「メサイア」のハーツカードがあるならカウンターブラスト(1)とGペルソナブラストで、すべてのファイターリアガードを全て呪縛し、この効果呪縛されたカード以外の呪縛カードすべてを解呪する自動能力

 使えるタイミングが遅めな上に「メサイア」のハーツ化が必須となるが、端的にいえばすべてのファイターリアガード呪縛し、既に呪縛カードとなっていたカード解呪する能力といえる。

 《創世竜 アムネスティ・メサイア》等と同じく呪縛対策として優秀であり、呪縛手段としては抵抗も突破できるので相手リアガードを全て呪縛することも容易だが、こちらのリアガード呪縛してしまう難点がある。

 当然、こちらにリアガードが無ければ、一方的に相手リアガードだけを呪縛できるので、退却を得意とする【かげろう】【なるかみ】への対策としても優秀といえる。
 また、能力使用後に呪縛状態のままにしておく必要が特にないカードは、《白色矮星のレディバトラー》《轟脚のブラストモンク》能力要件を満たすために必要なリソースとして利用すると無駄がない。

 どうしてもこちらのリアガード呪縛したくなければ、《ネオンメサイア》解呪された時の能力を利用しておく、《創世竜 フラジオレット・メサイア》《烈脚のドリルモンク》等の能力を利用して呪縛カード解呪を防止する、《滅星輝兵 デモンマクスウェル》《ライトスピード・チーター》で直前のターンリアガードを減らしておく事で対応できる。

 また、タイミングの都合上、メインフェイズ以降のタイミングで呪縛されたカード解呪する目的で使用する事はできない。

 また、《星雲竜 ビッグクランチ・ドラゴン》《暴脚のメテオモンク》等の解呪封じを事前に使いにくくなるという欠点もある。

 要件を満たし得る《オルターエゴ・メサイア》《サクリファイス・メサイア》能力のコンボとの相性はそこそこ良く、それらの能力を先に解決すれば、このカード能力でそれらの能力呪縛されたカード解呪することができるが、結果的に相手呪縛カードも1枚解呪してしまうことになる。
 とはいえ相手後列リアガード呪縛する分には、そこまで気になる欠点ではない。

 《創世竜 エクセリクス・メサイア》と比べると、やや守備的な能力ではあるが、あちらはリアガードが揃っていて初めて真価を発揮できるカードであり、退却等に弱いので弱点を補完する事ができる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

世界の調和のため、「転変を招く者」として覚醒した「ネオンメサイア」の可能性のひとつ。
「メサイア」と呼ばれる未知の生命体が出現する際は、時空の乱れが非常に少ないことが確認されてきたが、
この個体も同様に、“ギアクロニクル”が観測する時空の乱れはほとんど見られなかったという。
内包するエネルギー量は過去に観測された他の「メサイア」と同等と見られており、直近では輝く隕石のようなエネルギー体を地上へ放ったことが確認された。
もし力を解放すれば甚大な被害が予測されるが、現時点では侵略の意思はない様子である。

FAQ 節を編集

  • Q2066 (2016-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q2067 (2016-04-28)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2068 (2016-04-28)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q2076 (2016-04-28)
    Q. 【ジェネレーションブレイク】で指定された枚数を満たすために、その能力自身のコストで表にする予定のカードも数えてよいのですか?
    A. いいえ、数えられません。この能力のコストの支払いは、Gゾーンとヴァンガードサークルに表のカードが合計で指定された枚数以上ないと支払うこと自体ができません。
  • Q2077 (2016-04-28)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2079 (2016-04-28)
    Q. 【レスト】状態のユニットが呪縛され、その後に解呪された場合、解呪されたユニットは【レスト】状態ですか?
    A. いいえ、【スタンド】状態です。呪縛カードは、解呪される時に【スタンド】状態になります。
  • Q2080 (2016-04-28)
    Q. あるユニットが「そのターン中、パワー+3000」などの効果を受けていた状態で呪縛され、さらにそのターン中に解呪された場合、受けていた効果はどうなりますか?
    A. 失われます。パワーの増減に限らず、リアガードが呪縛されると、そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。
  • Q2081 (2016-04-28)
    Q. リアガードが呪縛されるとどうなりますか?
    A. リアガードが呪縛されると、そのユニットは裏向きになり、ユニットから呪縛カードとなります。呪縛カードの持ち主のエンドフェイズの始めに、そのファイターの呪縛カードがすべてスタンド状態で表に戻ります。呪縛カードは、アタックできず、インターセプトできず、移動できず、【(R)】で示される能力は使えず、アタックされなくなります。そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。呪縛カードあるリアガードサークルは呪縛サークルに変わります。呪縛サークルには、メインフェイズに行なえる手札からのコールも、カードの効果によるコールもできません。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2016G-FC03/004 GR イラスト/増田幹生ただ表が裏になるだけのこと。恐れる理由はない。