《メタレイア・メサイア/Metallia Messiah》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
リンクジョーカー - メサイア パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【永】【(R)】:カードの効果で、このユニットは呪縛されない。
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットがあるなら有効):他のカードが、呪縛された時か、解呪された時、そのターン中、このユニットのパワー+3000。

 再誕の救世竜で収録されたグレード2のリンクジョーカー

 1つ目の能力は、《真空崩壊のレディアタッカー》と同様の永続能力

 基本的な利点や欠点、使い方についても同様なのでそちらを参照。

 2つ目の能力は、他のカードが、呪縛された時か解呪された時にパワー+3000を得るジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 呪縛解呪が行われた時にパワーを得られ、その回数次第では単体で高パワーに達することも可能である。 

 一例として、他の縦列の、前列《質量転移のレディフェンサー》《ヴィラストス・メサイア》後列《デュナミス・メサイア》を置いてそれぞれの能力を利用すれば、実質カウンターブラスト(1)で呪縛解呪を合計で3回行えるのでそれだけで単体パワー18000、これに《サクリファイス・メサイア》を併用したなら実質コストなしで合計4回の誘発となり、単体パワー21000に到達できる。
 さらに、《デュナミス・メサイア》《サクリファイス・メサイア》パワー増加効果をこのカードに適用したり、その過程で増えた呪縛カードを〈メサイア〉のGユニット効果解呪すればさらなるパワーの上乗せも狙える。

 複数枚の呪縛解呪を行える《創世竜 トランスエルス・メサイア》《創世竜 バサルティス・メサイア》との組み合わせなら、複雑なコンボを意識せずに誘発回数を稼げるので手軽に高パワーに達することができる。

 また、そのパワーの増やしやすさから解呪された時に他のリアガードスタンドが行える《アローザル・メサイア》との相性も良い。
 《創世竜 バサルティス・メサイア》《デュナミス・メサイア》等とも併用して、《アローザル・メサイア》解呪呪縛を繰り返しつつ複数回のスタンドを狙うのも有効である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3688 (2017-10-20)
    Q. あるユニットが「そのターン中、パワー+3000」などの効果を受けていた状態で呪縛され、さらにそのターン中に解呪された場合、受けていた効果はどうなりますか?
    A. 失われます。パワーの増減に限らず、リアガードが呪縛されると、そのユニットに対して影響を及ぼしていた能力の効果は失われます。
  • Q3689 (2017-10-20)
    Q. 【レスト】状態のユニットが呪縛され、その後に解呪された場合、解呪されたユニットは【レスト】状態ですか?
    A. いいえ、【スタンド】状態です。呪縛カードは、解呪される時に【スタンド】状態になります。
  • Q3690 (2017-10-20)
    Q. 複数のカードが同時に解呪された場合、このカードの能力は何回発動しますか?
    A. 解呪されたカードの枚数分発動します。
  • Q3691 (2017-10-20)
    Q. この「呪縛カード」はどのファイターのものでもよいのですか?
    A. はい、そうです。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ再誕の救世竜G-TD15/008 イラスト/石田バル救世主(メサイア)は何物にも囚われない。