《オルターエゴ・ネオ・メサイア/Alter Ego Neo Messiah》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - メサイア パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:あなたの〈メサイア〉のGユニットが【超越】した時、手札から1枚まで選び、(R)にコールし、すべてのファイターのリアガードをそれぞれ1枚まで選び、呪縛する。(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに解呪され表に戻る)
【自】【(V)】【Gブレイク】(2)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが合計2枚以上で有効):[【ソウルブラスト】(1)] あなたのターンの終了時、あなたのカードの効果で、そのターンに呪縛カードを解呪していたら、コストを払ってよい。払ったら、2枚引く。

 再誕の救世竜で収録されたグレード3のリンクジョーカー

 1つ目の能力は、〈メサイア〉のGユニット超越した時、手札から1枚までスペリオルコールし、すべてのファイターリアガードをそれぞれ1枚まで選び、呪縛する自動能力

 同じく複数枚の呪縛が行える《オルターエゴ・メサイア》と比べるとコストなしで使えるが、〈メサイア〉のGユニット超越した時と誘発条件はやや厳しめとなっている。

 また、呪縛を実行する前に手札から1枚をスペリオルコールできるため、リアガードがいない状態からでも《創世竜 アムネスティ・メサイア》等の〈メサイア〉のGユニットが持つ解呪能力で必要な呪縛カード稼ぎ、解呪された時や呪縛した時に能力誘発する《アローザル・メサイア》《サクリファイス・メサイア》等を配置するといったことも行える。

 2つ目の能力は、ターンの終了時にカード効果で、そのターン呪縛カード解呪していたら、ソウルブラスト(1)で、2枚ドローするジェネレーションブレイク(2)の自動能力

 こちらも《オルターエゴ・メサイア》が持つドロー能力に性質が少し似ているが、こちらは誘発条件は『ターンの終了時』、要件ではカード効果呪縛カード解呪しておくことが要求される。
 誘発条件の都合から《終焉に灯る闇 ラクスカリーナ》《創世獣 デスティニー・ガーディアン》等とのコンボで他のファイターターン呪縛カード解呪を発生させても利用は狙えず、何枚解呪しても誘発する回数は1回で固定なので必然的にドローできる枚数も2枚で固定されるが、それでもソウルブラスト(1)で2枚ドローコスト効率自体は良好となっている。

 3枚以上のドローや他のファイターターン中の誘発を狙たい場合は《オルターエゴ・メサイア》に譲るが、こちらにも必ずしも能力が有効な状態で解呪を行う必要ない点やソウル《グロビュール・ドーベル》コストに回しやすくなるといった利点があるのでその点を活かせば十分に差別化できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

クレイに根付いた“リンクジョーカー”を庇護する存在となった、創世の竜神「メサイア」の新たな姿。これまでは力のほとんど意識的に封じ込め、スターゲートの山地で新たな子らと穏やかな日々を過ごしていた。だが、対存在である破壊の竜神「ギーゼ」の胎動を感じ取り、再び覚醒。創世を司る竜神としての本能に従い、来るべき戦いの時に備えて力を蓄えている。全盛に至るほどではないが、この「オルターエゴ・ネオ・メサイア」の状態でも、他の生命体とは一線を画す「神」としての力を行使することも可能となっている。なお、まだクレイに馴染みきっていない“リンクジョーカー”の子らを守るため、力の一部を使って「アレスター」「メタレイア」なる分身を創り出し、住処の警護に当てている。

FAQ 節を編集

  • Q3541 (2017-10-20)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q3542 (2017-10-20)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットから超越し、そのターンの終わりに超越したGユニットがGゾーンに戻った後にも、ターン終了時に発動する能力は発動しますか?
    A. はい、発動します。
  • Q3543 (2017-10-20)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まずGユニットの移動を同時に行ないます。その後、解呪、デリート解除がすべて同時に行なわれ、その後、「解呪」等で誘発した能力とGユニットが移動したことによって誘発した能力が解決されます。それらが終わったら、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q4182 (2018-10-05)
    Q. “【超越】した時”を条件とする自動能力の効果により、手札からコールしませんでした。“すべてのファイターのリアガードをそれぞれ1枚まで選び、呪縛する。”という効果は解決されますか?
    A. はい、解決されます。効果により一定の量の行動を行うよう求められた場合、可能な限りその行動を行います。
  • Q4183 (2018-10-05)
    Q. “すべてのファイターのリアガードをそれぞれ1枚まで選び、呪縛する。”という効果により、相手ファイターの『抵抗』を持つリアガードを選択し、呪縛することは可能ですか?
    A. いいえ、リアガードサークルで有効な『抵抗』を持つ相手ファイターのリアガードを選択し、呪縛することはできません。『抵抗』を持つユニットは、相手のカードの「選ぶ」や「選び」とある効果によっては選択されません。そのため、「オルターエゴ・ネオ・メサイア」の“すべてのファイターのリアガードをそれぞれ1枚まで選び、呪縛する。”という効果により、『抵抗』を持つ相手ファイターのリアガードを選択することはできません。
  • Q4184 (2018-10-05)
    Q. “すべてのファイターのリアガードをそれぞれ1枚まで選び、呪縛する。”という効果により、自分のリアガードを呪縛せず、相手のリアガードのみを呪縛することは可能ですか?
    A. はい、可能です。選ぶ数が「~まで選び」や「~まで選ぶ」と書かれている場合、0から指定された数まで選ぶことができます。そのため、自分のリアガードを0枚選択し、相手のリアガードを1枚選択し、呪縛することも可能です。
  • Q4185 (2018-10-05)
    Q. “ターンの終了時”を条件とするGB2の自動能力は、カードの効果でそのターン中に複数枚が解呪されていた場合には、複数回発動しますか?
    A. いいえ、複数回発動することはありません。複数枚の呪縛カードが解呪されていた場合でも、“ターンの終了時”を誘発条件とするGB2の自動能力は1回しか発動しません。そのため、複数回発動し、複数回解決されることはありません。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ再誕の救世竜G-TD15/003 イラスト/百瀬寿「護りたい」という本能が救世主(メサイア)の力を呼び覚ます。
G-TD15/003 イラスト/百瀬寿再誕の翼よ
その輝きを以て
世界を解き放て!