《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン “THE BLOOD(ザ・ブラッド)”》(アクセル) [編集]

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (アクセル)
なるかみ - サンダードラゴン パワー12000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【ターン1回】:【コスト】[【カウンターブラスト】(1),手札を1枚ソウルに置く] ことで、そのターン中、このユニットのパワー+5000/ドライブ+1し、このユニットがアタックする際、相手の前列にいるユニットすべてとバトルする。このコストで「ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン」をソウルに置いたら、さらに、パワー+10000/クリティカル+1。
【起】【(V)】:【コスト】[「カイザー」を含むカードを【ソウルブラスト】(1)]することで、そのターン中、このユニットのドライブ+1。そのターン終了時、このユニットに1ダメージ。

 クランセレクションプラス Vol.1で収録されるグレード3のなるかみ

 1つ目は、カウンターブラスト(1)、手札を1枚ソウルに置くことで、そのターン中、このユニットのパワー+5000/ドライブ+1し、アタックする際、相手の前列ユニットすべてとバトルする。さらにソウルに置いたカードが《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》なら、パワー+10000,クリティカル+1を得る起動能力

 《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》起動能力をアップグレードさせたような性能であり、相手のリアガードの数関係なくこのユニットのバトルに参加させられる。
 コストとして手札ソウルに置くことを要求されるが、効果でドライブ+1を得るので手札のディスアドバンテージは無い。
 《スピニング・ヴァリアント》などでアタックの対象が制限・変更させられない限り、相手は自身のリアガードガードにまで手を回すことは難しく、実質的に相手の前列リアガードの数だけカードアドバンテージを得る形となる。

 追加能力によって、さらにパワークリティカルの大幅上昇を狙うことができ、アタック回数の多さをウリとするアクセルクランにおいて、質の高い一撃を繰り出せるのは数値以上の脅威となる。
 対象となるカードが《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》の1種類のみで、デッキに最大4枚しか入れることができないため、《サンダーヴァレット・ドラゴン》《マイティボルト・ドラグーン》(Vシリーズ)などで積極的に手札に引き入れていきたい。

 2つ目は、「カイザー」を含むカードソウルブラスト(1)することで、このユニットのドライブ+1、そのターンの終了時に1ダメージを受ける起動能力

 コストとなる「カイザー」を含むソウルの確保手段に関しては、「カイザー」を含むヴァンガードへの再ライド《スパークアロー・ドラゴン》によるスペリオルライド、自身の1つ目の起動能力の3つが挙げられる。
 3ターン目には最大2枚、それ以降は再ライドも含めて最大3枚のソウルを1ターン中に得ることができる。

 能力にターン1回の制限がないので、ソウルの「カイザー」を含むカードの数だけドライブを増やすことができる。
 自身の1つ目の起動能力とあわせて、3ターン目には最大5ドライブ、4ターン目には最大8ドライブまで狙うことができる。
 増やした分だけターンの終了時にダメージを負うことになるため、使い所には注意が必要となるが、フィニッシャーとしては申し分ない効果である。

 大量のドライブチェックによって複数のトリガーを得ることが見込まれるので、デッキ構築もそれを見越して特化したものとなる。
 クリティカルトリガー採用型なら《ブラットアロー・ドラゴン》《デザートガンナー ガイバン》など相手の守護者の使用を制限するカードを併せて採用するのが望ましい。
 フロントトリガー採用型については、再ライド《スパークアロー・ドラゴン》によるスペリオルライドで複数のアクセル・マーカーを得ることになるので、《ライジング・フェニックス》などを活用して、確実にすべての前列サークルリアガードを展開できるようにしておきたい。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

該当するQ&Aはありません

収録情報 [編集]

スペシャルシリーズクランセレクションプラス Vol.1V-SS09/036 RRR イラスト/竜徹龍帝の血が、雷竜に全てを滅する力を授けた。
スペシャルシリーズクランセレクションプラス Vol.1V-SS09/SP06 SP イラスト/竜徹なし