PR♥ISM-P(プリズム-プロミス) ラブラドル/PR♥ISM-Promise, Labrador》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
バミューダ△ - マーメイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの手札からカード名に「PR♥ISM」を含むカードを3枚まで選び、ユニットのいない別々の(R)にコールしてよい。3枚コールしたら、そのバトル中、このユニットのパワー+10000/クリティカル+1。
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1) - カード名に「PR♥ISM」を含むカード] あなたのカード名に「PR♥ISM」を含むリアガードを1枚選び、手札に戻す。
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 綺羅の歌姫で収録されたグレード3のバミューダ△

 リミットブレイクは、ヴァンガードアタックした時に手札から「PR♥ISM」のカードを3枚までをスペリオルコールでき、3枚スペリオルコールしたら、パワー+10000/クリティカル+1を得る自動能力

 変則的なパワーおよびクリティカル増加能力であるが、リアガードサークルを空ける手段として自身が「PR♥ISM」のリアガード手札に戻す能力を持つため、能動的かつ他のカードに頼らず要件の達成を狙うことができる。
 バトルフェイズ中のスペリオルコールではあるが、ユニットのいないリアガードサークルにしかスペリオルコールできない制限やタイミングの関係から疑似スタンドを狙う使い方は難しい。

 最大でもエスペシャルカウンターブラスト(3)で準備を整えられる。
 こうして見ると重く見えるが、インターセプトなどで事前にユニットのいないリアガードサークルが増えた分だけ必要なコストは減っていき、また《PR♥ISM-S コロ》がいれば1枚分浮かせられるため、実質的にはもっと少ないコストで使用できると見ることができる。

 《PR♥ISM-S コロ》がいる時に《PR♥ISM-I ヴェール》ブレイクライドすれば、コスト消費なしで一気に必要な3枚分を空けることができる。
 また、こちらは「PR♥ISM」のカードではないが《Duo 理想の妹 メーア》ブレイクライドした場合、カウンターブラスト(1)で3枚分を空けた上にスペリオルコールした3枚の疑似スタンドが可能になる。

 効果で選べるのは「PR♥ISM」のリアガードのみであるが、《PR♥ISM-P ケルト》《PR♥ISM-P プリンセス・レイテ》手札に戻す、または《PR♥ISM-I サンシャイン・ローザ》《PR♥ISM-Duo ヤルムーク》リアガードサークルに置いておけば更なるパワーの増加に繋げられる。
 起動能力なので、状況によってコストの続く限りパワーを増加させ続けることも可能。
 特に《PR♥ISM-P プリンセス・レイテ》手札に戻すことができればカウンターチャージができるので、使用回数を更に増やせる。

 ゲーム後半は《PR♥ISM-Duo ヤルムーク》リアガードサークルに置かれていないとこのカードアタック守護者だけで対策されてしまう事もあり、フィニッシャーとしては少々力不足な点が目立つ。
 【PR♥ISM】には後半戦で役に立つGユニット《PR♥ISM-I サンシャイン・ヴェール》《PR♥ISM-P プリンセス・ラブラドル》他と豊富にあるので、状況に応じて使い分けたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

アイドルグループ「PR♥ISM」の一角、5チームの中で今一番注目を浴びている期待の新星「PR♥ISM-P(プロミス)」。 類い稀な演技力を誇る「ケルト」、可憐な容姿に加え高いカリスマ性のあるリーダーの「ラブラドル」、波のように広がる美声を持つ「レイテ」、メンバーそれぞれのポテンシャルが非常に高い為、どんなジャンルの依頼が来ても期待以上に活躍してくれるチーム。 当初はプライドの高い「レイテ」がチームに馴染めず、解散の危機にまで陥ったらしいが、ある出来事をきっかけに和解したという。息があうようになったチーム「P(プロミス)」の人気は破竹の勢いで上昇していき、「PR♥ISM」No.1の称号を勝ち取ったのである。 「P(プロミス)」のイベントでは、最後に必ず「ラブラドル」がお決まりの台詞を投げる。 笑顔と共に放たれるその言葉に、観客達もまた笑顔で返すのだ。
「次に会う時も元気で、笑顔でいてください! 約束ですよー!」

  • 他の「PR♥ISM-P」と同時に設定も含めて一纏めに紹介された。
  • イラストは他の「PR♥ISM-P」との続き絵になっており、このカードは《PR♥ISM-P ケルト》《PR♥ISM-P レイテ》、全体の中央である。
  • アニメでの使用者である先導エミに酷似した外見を持つ。おそらく意図的なデザインだと思われる。
  • 名前の由来はカナダ北東部の「ラブラドル半島」もしくは、ラブラドル半島とグリーンランドの間にある「ラブラドル海」と思われる。

FAQ 節を編集

  • Q400 (2013-03-22)
    Q. このユニットのリミットブレイク能力で、このユニットの後列にコールしたユニットで、【ブースト】をすることはできますか?
    A. いいえ、できません。【ブースト】するユニットを選ぶタイミングは、「アタックした時」などの能力を解決する前のためです。
  • Q402 (2013-03-22)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q403 (2013-03-22)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか?
    A. コストとして支払うカードの条件です。条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンの「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。

収録情報 節を編集

エクストラブースター綺羅の歌姫EB06/002 RRR イラスト/ワダアルコさあ、クライマックスです! みなさん、行きますよー!
EB06/S02 SP イラスト/ワダアルコさあ、みんな声をあわせて! 行くよ、せーのっ!