飛燕(ひえん)騎士(きし) クロウス/Flying Swallow Knight, Claus》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットがあるなら有効):このユニットが(R)に登場した時、あなたの「アルトマイル」を含むヴァンガードがいるなら、他のあなたのユニットを1枚選び、そのターン中、そのユニットとこのユニットのパワー+2000。
【自】【(R)】勇敢(あなたの手札が3枚以下で有効):このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、このユニットを手札に戻してよい。

 天命の聖騎士で収録されたグレード2のロイヤルパラディン

 ジェネレーションブレイク(1)は、リアガードサークル登場した時に「アルトマイル」のヴァンガードがいるなら他のユニット1枚にパワー+2000を与える自動能力

 使えるタイミングが遅めで、要件の関係から汎用性は若干低めとなるが、手軽に使える細かいパワーの調整手段となる。

 同じく「アルトマイル」のサポートカードの《風雅の騎士 ベニゼール》《変革の騎士 ピール》等を併用してやれば、さらに細かくパワーの増加を行え、全体的な要求シールド値の増加を狙いやすくなる。

 2つ目の能力は、アタックヴァンガードヒットした時に自身を手札に戻せる勇敢自動能力

 勇敢を有効にした状態で厳しい誘発条件を満たす必要があるものの、バトルフェイズ中にリアガードサークルを離れられるので、《反攻の騎士 スレイマン》《敬忠の騎士 ディオティウス》等で疑似スタンド目的のスペリオルコールを狙う際にユニットの重複処理による余分なカード消費をなくせるようになる。
 この場合は、手札に戻ることが実質的にアドバンテージとなるのでガード強要力は高めやすくなり、ジェネレーションブレイク(1)が有効な段階であれば1つ目の能力の再利用も狙えるようになる。

 ただし、手札が増えたことで手札が4枚以上になり、他の勇敢能力が有効でなくなってしまったり、リアガードが減ることで《飛揚の騎士 ダニウス》《鮮烈の聖杖 アンドラギウス》等の能力影響が出てしまう等、状況によっては敢えて手札に戻さないのも手ではある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

神聖国家第一正規軍“ロイヤルパラディン”の騎士にして、「アルトマイル」遠征隊の一員。国境付近の街で育った騎士で、同時期に部隊に加わった「アレクトス」、「ディオティウス」同様、故郷の英雄と謳われるアルトマイルを尊敬している。曲刀と短剣を使い分ける一風変わった二刀流の使い手で、状況に応じて武器の特性に合った剣術にシフトして戦うトリッキーな戦法を好む。敵に応じて武器を変えるというのは、敵の動きや特性を素早く見極めることと同義……こういった戦いを続けた結果、彼の戦術眼は磨かれ、戦いの攻め時・引き際を見極めることにも長けた、優秀な戦士となった。が、同時に相当な自信家でもあったため、アルトマイルの隊に加わるまでは、「隊の長を差し置いて隊を動かそうとする愚か者」、「臆病風に吹かれて撤退を促す卑怯者」など、散々な評価を受けていたという。

FAQ 節を編集

  • Q2864 (2016-12-08)
    Q. この「そのターン中」と書かれた効果で上がったパワーは、次のバトルでもパワーが上がったままなのですか?
    A. はい、そうです。そのターン中、ずっとパワーは上がっています。
  • Q2868 (2016-12-08)
    Q. この能力が誘発したあと、解決する前に「そのユニット」に該当するユニットがフィールドからいなくなっていた場合、このユニットは効果を得られますか?
    A. はい、得られます。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ天命の聖騎士G-TD11/006 イラスト/桂福蔵使い分けが重要なんだ。分かるかい?
はじめようセットはじめようセット 天命の聖騎士